アクションカメラは子供との距離を縮める最高のパートナー

一昨年前からアクションカメラというデジタルビデオカメラの分野が確立されましたが、皆さんはアクションカメラをご存知でしょうか?

アクションカメラは若者向けのカメラという認識が広くありますが、実は子育て現場でも大活躍するカメラです。気になった方はチェックです!

ビデオカメラは子育てニーズにアンマッチ?

子供の発表会や運動会など、ビデオカメラは親にとっては欠かせないアイテムです。撮影する場所を確保することから始まり、決定的瞬間をとるためにじっと構える。家に帰ったらタイトルをつけたりと編集にいそしむ方も多いのではないでしょうか?ビデオカメラが普及し、昔はカメラで切り取っていた場面が動画として残せる時代になりました。これは全てビデオカメラのおかげです。

でも、そんなビデオカメラが生き生きとする場面は、1年の内どれくらいありますか?運動会や学芸会、ピアノの発表会など年に数回しか使わなかったりしませんか?

子育てをトリガーにビデオカメラを買ったのに、実際はイベントの時にしかビデオカメラを使っていない方は多いのではないでしょうか。

子育て現場にマッチするアクションカメラ

子供は日々成長しています。笑ったり泣いたり怒ったり頑張ったり・・・

特に小さな子供は「はじめて」がいっぱいなので、毎日が発見の日々です。驚いた顔や笑った顔は疲れた体を癒してくれる魔法があります。この魔法の表情や時間を、もっとたくさん記録に残したいと思う方は多いのではないでしょうか?

ご飯を食べているとき、遊んでいるとき、寝ているとき・・・いつでも気軽に撮影できるのがアクションカメラです。小型で防水のアクションカメラなら、準備も撮影も手間いらずです。

アクションカメラとは

アクションカメラとは、アウトドアスポーツのシチュエーションで使うことを主目的に作られたデジタルビデオカメラです。一般的なハンディカムとの違いはその大きさです。手の平よりも更に小さく、そしてとても軽量です。そのためヘルメットやスポーツギヤに取り付けて撮影が出来るため、臨場感の溢れる映像を撮ることが出来ます。

また防水性を備えているため、雨の日でも水の中でも撮影することが可能です。(防水ケースが必要な場合もあります。)

そしてもうひとつ、超広角視野を備えているため被写体との距離が稼げなくても広い範囲を映すことが出来ます。目の前の人物から遠く広がる景色まで、ひとつのカメラで綺麗に写し取ることが出来ます。

アクションカメラを子育て現場に

小型軽量防水性を兼ね備えたアクションカメラは、まるで戦場のような子育て現場でも類まれなる力を発揮してくれます。

手元に置いても少し離れたところに置いても、ヘッドストラップで頭に装着しても、子供の笑顔を逃すことはありません。また液体がカメラに掛かっても防水なので大丈夫!

子供から一歩下がることなく自然体の映像を撮ることが出来ます!

そして何より撮影や準備が億劫にならなくなります。三脚の準備や雨が降ったら壊れてしまうなどの面倒くさがり思考から解放され、スマホを手にするような感じでカメラを手にするようになります。

あっという間に過ぎ去る子供の成長を、余すことなく切り取るならアクションカメラがおすすめです!

関連記事

アクションカメラを選ぶならGoProがおすすめ!気になる方は下の記事をチェック!

GoPro買うならどれがいい?HERO5ならもう迷うことはない!
アクションカメラの代名詞といわれるGoProですが、初めてGoProを選ぶ時どれを選べばいいか迷われる方も多いと思います。シリーズを通すと数の多いGoProですが、HERO5が発売されてそんな悩みが無用になりました。HERO4からHERO5へ進化した過程と、BlackとSessionの基本機能を紹介します。