Colemanガソリンランタンの特徴と使い方 | 286Aの点火実演動画

キャンプを何度か経験するとそのうちほしくなるのが燃焼系ランタンです。現在最も多くのメーカーから発売されている燃焼系ランタンは、ガスランタンです。次いで灯油ランタン、そしてホワイトガソリンランタンです。

ガスランタンは使い勝手が良く、灯油ランタンは燃費の良さで選ばれることが多いですが、ホワイトガソリンランタンは丁度その中間に位置するランタンで、とても使い易いうえにアウトドア気分が存分に味わえる、人気のランタンです。

この記事では、ホワイトガソリンランタンの特徴と使い方を紹介します。

ホワイトガソリンランタンとは

ホワイトガソリンランタンは、ホワイトガソリンを燃料とする燃焼系ランタンです。ホワイトガソリンは純度の高い(不純物の少ない)ガソリンで、これを燃料とすることで燃焼時のススの発生が抑えられ、メンテナンス頻度も抑えられます。

光量

燃焼系ランタンはLEDランタンとは比較にならない程明るいですが、その中でもホワイトガソリンランタンは、同等クラスのガスランタンと比較しても強い光を発します。また温かみのあるオレンジがかった色合いも特徴で、この光を求めてホワイトガソリンランタンを選ぶ人が多くみられます。

使い勝手

ツマミをひねれば点火するガスランタンに比べ、ホワイトガソリンランタンはポンピングによる加圧作業や、アナログチックな点火作業が必要です。この作業にアウトドアの味わいがあり、ガソリンランタンが選ばれる理由でもあります。

また、燃料がホワイトガソリンということで、燃焼時のススの発生が少なくメンテナンスを頻繁に行う必要がありません。ほぼノーメンテで扱えるガスランタンほどではありませんが、ススだらけの灯油ランタンに比べれば格段に扱い易い機器です。

アウトドア気分を存分に味わえるが、それほど手間が掛からないランタンが、ホワイトガソリンランタンです。

ホワイトガソリンランタンの種類

ガソリンランタンと言えばColemanです。Colemanからは現在3種の標準モデル品と、限定品が発売されています。限定品はシーズンランタンなどのリミテッドデザインのものですが、価格がかなり張りますので購入の際はそれなりの心構えが必要です。

Colemanの標準モデル3点を紹介します。

Coleman ワンマントルランタン 286A

  • 光量:200CP/130W相当
  • 燃焼時間:7.5~15時間
  • 燃料タンク容量:590cc
  • 本体サイズ:Φ16×31cm
  • 重量:1.4kg
  • 定価:¥12,800(税別)


Coleman パワーハウスツーマントルランタン 290A

  • 光量:300CP/190W相当
  • 燃焼時間:7~14時間
  • 燃料タンク容量:940cc
  • 本体サイズ:Φ18×35cm
  • 重量:1.8kg
  • 定価:¥17,800(税別)


Coleman ノーススターチューブマントルランタン

ノーススターのみ、ガスランタンと同じようにツマミをひねると着火する「着火装置」がついています。着火が苦手な方はノーススターをおすすめします。

  • 光量:360CP/260W相当
  • 燃焼時間:7~14時間
  • 燃料タンク容量:940cc
  • 本体サイズ:Φ17.3×34.3cm
  • 重量:1.8kg
  • 定価:¥19,800(税別)


ガソリンランタンの使い方

点火方法

ホワイトガソリンランタンの点火の流れは次の通りです。

  1. ホワイトガソリンを入れる。
  2. ポンピングする。
  3. マントルを取り付け、空焼きする。
  4. 点火する。
  5. 追ポンピングする。

1.ホワイトガソリンを入れる

フューエルキャップを外し、燃料タンクにホワイトガソリンを入れます。燃料は本体を少し傾けた時に燃料挿入口から液面が見えるくらいまで入れます。入れ終わったらキャップをしっかり閉めます。

ガソリンフィラーを使えば燃料注入が簡単!
タンク8分目で注入を自動ストップしてくれます。

2.ポンピングする

ポンピングとは、ポンピングノブを押し引きすることで、燃料タンク内を加圧する作業です。

ポンピングノブを反時計回りに2回転程回して引っ張ると、ポンピングノブが引き出せます。ノブの中央の穴は呼吸ポートなので、ポンピングする時は親指で塞ぎながら押し込みます。奥まで押し込んだらまた引出し、再度押し込みまた引き出す・・・これを繰り返して燃料タンク内をどんどん加圧していきます。

ノブが固くて押し込めなくなったら、燃料タンク内の加圧が完了した証です。呼吸ポートを開放した状態でポンプノブを押し込み、時計回りに回してしっかり閉めます。

3.マントルを取り付け、空焼きする

※マントルの取り付け、取り換えが不要な時は飛ばしてください。

マントルは購入した状態のままでは使用できません。繊維の状態のマントルを空焼きし、炭化させた状態ではじめて光源の役割を果たせるようになります。

まず、マントルの中に指を入れ、マントルの形状を整えて(膨らませて)からノズルの先端に取り付けます。マントルの結び位置は、ノズル先端の凸と凸の間のくぼみに結びます。結び終え余った紐は必ず切り落としましょう。

取り付けたマントルの下部から、チャッカマンなどで火をつけ、万遍なく燃やし切ります。燃やしたマントルは壊れやすいため、空焼き時は風のないところで行い、むやみに触らないように気をつけましょう。

マントル全体が白く炭化し、大きな穴などの異常がなければ空焼き完了です。

4.点火する

フレーム下からチャッカマンを挿入し、マントルのそばで火を灯しながら、ツマミをゆっくり回してバルブを開きます。着火したらツマミをLOWにし、火が落ち着くまでしばらく待ちます。初めは炎をあげて燃えますが、マントル横の棒(ジェネレーター)が温まると、ガソリン滴がしっかり気化した状態で排出されるようになり、炎がなくなり落ち着いた灯になります。炎が落ち着いたらツマミをゆっくりHIGHまで回します。

5.追ポンピングする

灯を安定させるため、追ポンピングします。

これで点火は完了です。点火後も長時間点灯し続けると燃料タンクの内圧が下がり、灯が不安定になります。その場合も追ポンピングしましょう。

消火方法

消火はツマミをOFFにするだけですが、ノズル部の掃除のため、ツマミをLOW↔HIGHと数回繰り返しひねってからOFFにします。OFFにした後も点灯していますが、しばらく経つと消灯します。

消灯後も熱を持っていますので、完全に冷えるまでは収納しないようにしましょう。

実演動画

ひと手間かかるのがアウトドアの醍醐味で、それを味わえるのがガソリンランタンです。まだ手に入れていない方は是非虜になってください!