PC内に保存されたデジカメの画像や動画をiPhoneに転送する方法

PC内の画像や動画をiPhoneに転送したい…iTunesやiCloud以外でデータ転送する方法はないのかな…そんな時に無料で簡単にデータを転送する方法があります。この記事ではPCとiPhone間で簡単にデータを受け渡す方法を紹介します!

PCとiPhone間でサクッとデータ転送する方法

PCとiPhone間でのデータ転送の方法はいくつかあります。iTunesを経由したりiCloudを利用する方法がよく知られていますが、この記事にヒットした方のほとんどがiTunesとiCloud以外の方法を探している方だと思いますので、本命の転送方法を紹介します。

iPhoneからPCにデータを転送する方法

まずはiPhoneからPCにデータを転送する方法です。iPhoneから写真や動画などのデータを抜き出すのはとても簡単で、iPhoneとPCをUSBケーブルで繋ぐだけです。

PCに既にiTunesがインストールされていると、iPhoneをPCに繋げた時点でiTunesが起動してしまうため、あらかじめ接続時の自動起動をOFFにしておくかアンインストールしておきましょう。

はじめてPCにiPhoneを接続した時はiPhone側で接続の認証をする必要がありますので、USBで繋いだ後、iPhoneのホーム画面から認証操作をしてください。あとはPCのエクスプローラーなどからiPhone内のフォルダにアクセスすれば、写真や動画を抜き出すことが出来ます。

この方法ではiPhoneのカメラロールフォルダへのアクセスのみが可能で、更にデータをPC側にコピーすることのみ許可された接続になります。そのため、iPhone側のデータを削除したり、写真などを追加保存することは出来ません。あくまでiPhoneからPCにデータをコピーすることのみが出来る方法になります。

PCからiPhoneにデータを転送する方法

ではPCのデータをiPhoneに転送するにはどうすれば良いのでしょう?

先に書いたように、USBでの接続ではiPhone側のストレージに変更を加えることは出来ませんので、PCのデータをiPhoneのフォルダに保存することが出来ません。

そこで今回初回するのがGoogleのクラウドサービスです。

Googleフォトをデータ転送ツールとして使ってみよう!

Googleの提供するサービスの中に、Googleフォトというクラウドサービスがあります。このサービスは、スマートフォンで撮影した写真や動画を自動でバックアップし整理してくれるアプリです。バックアップ時にデータの圧縮が許可できれば、このサービスは実質無料で容量無制限のバックアップサービスになります。(撮影時の画素そのままにバックアップしたい場合は、その他のGoogleサービスのデータ含めて15GBまでは無料の範囲で利用できます。)

Googleフォトのバックアップ含めたクラウドデータには、スマートフォンから起動したアプリ以外にも、PCからのアクセスも可能になっています。

設定方法は省略しますが、スマートフォンからGoogleフォトを起動し、メール経由でPC用アップローダーを自分のPCに送り、インストールすれば設定完了です。

PC側のブラウザでGoogleフォトを開き、アップローダーを利用してGoogleフォトのクラウド上に写真をあげれば、その写真にはPCからもスマートフォンからもアクセスることが出来るので、必要であればクラウド上からスマートフォンのカメラロールに保存すれば転送完了です。

iPhoneは自機以外からのアクセスを極端に嫌うため、どうしてもデータの転送にはアプリなどを経由する必要があります。今回紹介したGoogleフォトは、スマホの容量を気にすることなく写真や動画を貯められることと、アルバムの自動生成や人物認識による写真の整理など、バックアップとしても写真整理アプリとしても人気のアプリです。

入れておいて損はないアプリだと思いますので、データの転送以外にも興味の沸いた方は是非お試しください!