スマホの動画はGoPro Quikでスタイリッシュにサクッと編集!

スマホに貯まった旅の思い出はどうしていますか?仲間と共有したくても編集作業って以外と大変ですよね。そんな時、写真も動画もまとめてサクッとスタイリッシュに仕上げてくれる、GoPro Quikを試してみてはいかがですか!?

GoPro Quikでスマホのデータをサクッと編集!

GoPro Quikは、GoProが提供する動画編集用アプリのひとつです。GoProの動画編集ソフトには、PCベースで有名なGoPro Studioと、デバイス用アプリのGoPro Splice、そして今回紹介するGoPro Quikがありますが、中でも特にQuikは、短時間でサクッと動画の編集が出来るのが特徴です。

Quikの操作スタイルは、「ユーザーは選択するだけ」というシンプル操作を基本としています。そのため、ユーザーはあらかじめ用意されたテンプレートやサウンド、使用する写真や動画を選ぶだけという少ない作業で、動画作成の約80%を終えることが出来ます。

逆に言うと、選択すること以外に出来ることはほとんどなく、細かな編集作業などはQuikでは出来ません。

細かなところまで自分で編集したいならSpliceがおすすめ!
スマホで動画を編集するなら完全無料のGoPro Splice!
GoPro社のスマホ向け無料動画編集アプリSpliceは、同社動画編集アプリQuikより、より高度な編集が行える完全無料のアプリです。この記事では、自分好みの動画を作成したい方におすすめの『GoPro Splice』の使い方を細かく紹介します!

それでもQuikには、優れたテンプレートが元々備えられているため、自由度が極端に少なくても出来た動画はとてもスタイリッシュなものになります。編集作業が苦手な方や、時間がない時にサクッと作成したい場合にはとても便利なアプリです!

GoPro Quikをダウンロード

GoPro Quikは無料のアプリです。まずはインストールして触ってみましょう。

GoPro Quikの使い方

Quikをインストールしたら、早速起動してみましょう!

起動時に写真へのアクセスが求められますが、許可しないと何もできませんので了承しましょう。その他、毎週の思い出動画の自動生成などの設定が聞かれますが、後から変更できるのでその時の気分で設定しておきましょう!

起動後、新たに動画を作成する場合は、画面下中央の「+」をクリックします。

クリック後、カメラロールのデータが読み込まれサムネイル表示されますので、作成する動画に含めたいクリップや写真を選択します。

読み込み先を変更したい場合は、画面上中央の「カメラロール」をクリックすると、読み込み先の変更ダイアログが表示されます。

クリップや写真の選択が完了したら、画面右上の「追加(〇)」をクリックします。

この時点で一旦仮の動画が作成されます。気に入ればそのままタイトルなどの編集をすれば完成ですが、ざっくりよく使う編集事項を紹介しておきます。

まずはこのアイコン。これはテンプレートの選択をするページになります。上の写真では「FLICK」が選択されていますが、スクロールしながら今回の動画のテーマに合うテンプレート選択します。

次にサウンドの選択です。これもスクロールして気に入ったサウンドを選択します。より多くの音源から選びたい場合は、「+」をクリックし、その先のページで音源をダウンロードしましょう。

このページではクリップや画像のタイムラン(ファイルの並び)を編集します。

クリップを長押しし、ドラッグすると順番を入れ替えることが出来ます。

クリップを2度クリックすると、そのクリップの編集が行えます。

編集操作は感覚で行えるため説明は省きますが、新たにクリップを追加する場合もこのページから行います。編集対象のクリップを切り替える場合は、このページのタイムランイメージをスクロールすることで切り替えることが出来ます。

タイトル、画像、クリップで編集項目が若干異なります。

タイトルや一度挿入したテキストは、テキスト自体をクリックすることで編集が行えます。

基本設定の編集はこのページで行います。

全ての編集が完了したら「保存」をクリックします。

「保存」をクリックするとシェア先の選択画面が表示されます。スキップするとGoPro Quik内のみに動画が保存されることになりますので、写真(カメラロール)にも保存したい場合は「写真」を選択しましょう。もちろんINSTAGRAMなどに直接投稿することも出来ます。

まとめ

ザクッとした説明でしたが、全てQuikにお任せするならこの説明の半分くらいで動画が作成できてしまいます。いろいろと編集モードは容易されているように思えますが、最後はQuikが適当に抽出して動画を作成してしまうので、細かくみると「もうちょっとこうなればいいのにな」と思うところはあります。ただそこを割り切ってしまえば、短時間でスタイリッシュな動画作れるQuikは、動画をシェアするためのツールとしてはかなり優れていますので、是非使ってみてください!