定番から最新かまど型グリルまで、人気・おすすめのBBQコンロ5選

キャンプやBBQの必需品のひとつであるファイヤーグリルですが、ダッチオーブンや燻製、ピザなど料理のレパートリーが増えるに従い、グリル自体もどんどん進化してきました。

定番のグリルから焚火台まで、特徴とおすすめを紹介します!

ファイヤーグリルとは

ファイヤーグリルは薪や炭などを燃料とする調理器具です。川辺では石などを積むことで代用できますが、オートキャンプ場では直火が禁止されているところがほとんどのため、ファイヤーグリルなしではBBQをすることは困難です。

定番のグリルは板金で作られた箱型の上に焼網やグリルパンなどを置く形ですが、近年はダッチオーブンに対応したグリルや、ピザなども焼けるかまど型のグリル、夜の暖を取るための焚火台と兼用できるものなど多種に富んでいます。

ファイヤーグリルを選ぶときのポイント

ファイヤーグリルはその種類の豊富さのため、選定時に確認すべき機能(スペック)を限定することが困難です。そのため、選んだグリルの使用方法に合わせて確認するしかありません。

しかし、いずれにも共通しておすすめする事柄は、次の2つです。

  • 材質と強度
  • 使用時、収納時サイズ

材質と強度

ファイヤグリルの材質は、一般的に鉄系とステンレス系にわかれます。鉄系は基本的に塗装や黒染め、亜鉛メッキなどで防錆処理されていますが、この防錆効果が有効なのは使用する前までです。これらの表面処理には、程度の防錆能力はあっても耐熱・耐摩耗性などの被膜強度がないため、炭や薪が燃えた時の高熱で瞬く間に劣化するとともに、使用後の洗浄でことごとく剥離してしまいます。剥離すると早ければ翌日、遅くとも次のキャンプ時には錆が発生します。錆びても使用は出来ますが、強度が著しく低下してしまうため、長期の使用は期待できません。鉄系とステンレス系では価格に差がありますが、長い目で見れば明らかにステンレス製の方がコスパが良いため、本記事ではステンレス系グリルに絞って紹介いたします。

また、ファイヤーグリルは、燃えた炭や薪などの高熱を支えるものです。高熱は板金をいとも簡単に変形させます。湾曲させるのはもちろん、時には穴すらあけてしまいます。そのため、軽さにとらわれ板厚の薄いものや剛性の低いものを選ぶと長持ちしないことがありますので、しっかりとした造りのものを選ぶようにしましょう。

使用時、収納時サイズ

サイズについては誰もが気にするところかと思います。ファイヤーグリルで大切なのは焼面のサイズです。焼面は焼網や鉄板などを加熱できる範囲の事です。小さ過ぎると不便ですが、大き過ぎても収納スペースをとり良くありません。BBQグリルの場合、40×30cm程度の焼面サイズがあればほとんどの場合に事足ります。もし不足するようであれば焚火台などを兼用するなどの方法があります。

基本的に各メーカーさんが出しているグリルは、大中小とサイズが選択できるようなものがほとんどです。収納スペースや家族構成などよく考えてサイズを選ぶようにしましょう。

この記事では一般的なグリルから多機能型のものまで紹介しますが、初めてグリルを購入される方は、あまり先読みせずに基本型のBBQグリルを購入することをおすすめします。キャンプだけでなくBBQなどのアウトドア活動全般で使用できるのがBBQグリルです。BBQグリルだけでは出来ないことはいくつもありますが、それ以上に重宝されるのがBBQグリルですので、まずはBBQグリルから手に入れることをおすすめします。

それではおすすめのファイヤーグリルを紹介します。

おすすめのファイヤーグリル

LOGOS Smart80 ステンチューブラルM・プラス

初心者の方に人気の定番BBQグリル。収納時のサイズが若干大きいが、堅牢なフレームで安定感抜群!全高が2段階に調節でき、ハイポジション時の全高は80cmと高いため大人のBBQでは使用しやすい。火床高さも2段階に変更でき、炭をいじることなく火力調整が出来るのも嬉しい。火床がサイドから引き出せるため、焼網や鉄板を置いた状態でも炭の出し入れが可能。収納に余裕があれば、堅牢型のこの商品がおすすめです!

  • サイズ:76(W)×53(D)×42/80(h)cm
  • 焼面サイズ:43.5×29.5cm
  • 収納サイズ:57(W)×35(D)×18(h)cm
  • 重量:4.65kg
  • 定価:¥9,300(税別)


Coleman クールスパイダーステンレスグリル

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N01235.html

定番のBBQグリル。鉄製もあるが耐久性のあるこちらのステンレスタイプがおすすめ。全高が2段階に調整でき、火床は手前に引き出せる。収納状態で一般的なコンテナにぴったり収まるため、保管や運搬にかなり便利!この値段でこの品質は、他にはないのではないでしょうか?BBQグリルで悩んだらコレで間違いないでしょう。メッシュにColemanのエンブレムが魅力的な一品です!

  • サイズ:51(W)×52(D)×40/70(h)cm
  • 焼面サイズ:45×30cm
  • 収納サイズ:50(W)×34(D)×13(h)cm
  • 重量:4.6kg
  • 定価:¥6,980(税別)


Coleman ファイアーディスク

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05678.html

ディスクに炭を入れて専用の焼網をのせればBBQグリルになり、薪を積めば焚火が出来る。炭を敷いて直接ダッチオーブンを置くことも出来るオールインワンモデル。斬新なデザインが可能性を感じるが、弱点は専用の道具が必要になること。収納スペースと予算にゆとりがあれば、是非手に入れたい一品です。

  • サイズ:Φ45×23(h)cm
  • 収納サイズ:Φ46×8.5(h)cm
  • 重量:1.6kg
  • 定価:¥5,980(税別)


snow peak 焚火台M ST-033R

オンラインストア|スノーピーク * Snow Peak
スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。

サイズはS、M、Lの3種類。高熱を直接受け止めても変形しない頑丈なつくりと、荷物の隙間に入れて持っていけるほどの収納性の良さが特徴。三脚スタンドを使えば料理の幅が広がるが、大鍋1個程度なら焚火台とグリルネット等があれば十分。料理でも夜の団欒でも常に使えるアイテムです。ソロキャンプならこれひとつあれば十分ですが、立食BBQでは高さ不足が否めません。BBQグリルのお供的な立ち位置としては不動の人気を誇ります。飯ごうや鍋、花火用の火元台として便利です!

  • サイズ:35(W)×35(D)×24.8(H)cm
  • 収納サイズ:45(W)×51.5(D)×3.2(h)cm
  • 重量:3.5kg
  • 定価:¥12,600(税別)


LOGOS the KAMADO コンプリート

鍋料理とオーブン料理が一度にできるLOGOSのKAMADO構造。BBQもダッチオーブンも焚火台としても利用できる、すべてを網羅した一品。これひとつあればどんなシチュエーションにも対応できます。全高が2段階に調整できるため、重い鍋料理や風の強い火は低姿勢で安定させることが出来る。定番のBBQはもちろん、去年から盛り上がり始めたピザ焼き、そして今年再燃するであろう燻製まで対応する優れもの。価格は高いがそれに見合ったパフォーマンスを発揮してくれる、今年イチオシのアイテムです!

  • サイズ:61(W)×57(D)×97/64(H)cm
  • 収納サイズ:48.5(W)×39(D)×12.5(h)cm
  • 重量:10.2kg
  • 定価:¥34,800(税別)


まとめ

キャンプが続くと毎日BBQという訳にはなかなかいきません。カレーを作ったりピザを焼いたりいろいろな種類の料理を作るようになります。何種類ものグリルや料理道具を持って行ければ良いですが、出来るだけ多種対応できるようなグリルを持つというのも手です。もちろんキャンプ以外でもグリルは使用できますので、どんなシチュエーションで使う予定があるのかを考えて選ぶと良いでしょう!