取扱いがシンプルな燃焼系ガスランタンの選び方とおすすめ7選

Photo credit: concrete_jungler101 via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

取り扱いが簡単なガスランタンは、現在のアウトドアでは人気のライティング機器です。LEDランタンより強い光が得られるため、メインランタンとして使用する方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ガスランタンの選び方とおすすめを紹介します。

ガスランタンとは

ガスランタンは、ガスを燃料とする燃焼系ランタンです。ガスは一般的にガスカートリッジと呼ばれるものに注入されており、ガス機器にカートリッジを装着することで供給できます。家庭用携帯ガスコンロと同様の扱いで、ほとんどの機器で点火装置(ツマミをひねれば点火する装置)が装備されているため、特に専門的な知識がなくても手軽に燃焼系機器が扱えるのが特徴です。点火も消火も簡単で、ほぼノーメンテで使用し続けられるため、子供のいる家族キャンパーにおすすめです。

ガスランタンを選ぶときのポイント

ガスランタンを選ぶ時、確認すべき機能(スペック)は次の3つです。

  • 光量
  • ガス消費量
  • メーカー

光量

燃焼系ランタンの光量はLEDランタンに比べるとかなり強く、サイトを照らすメインランタンとして重宝します。ホワイトガソリンランタンがオレンジ色の光に対し、ガスランタンは白に近い色の光です。暗闇でランタンの灯だけ見ると、同じくらいの光量でもガソリンランタンの方が明るく感じますが、焼き加減などを確認するには白色の光の方が見極めやすいです。サイトを照らす目的のランタンには、大光量のものを選ぶことをおすすめします。

ガス消費量

ガス消費量と光量は比例関係にあるため、大光量のものや最大光量で使用した場合に燃焼時間が短くなるのは仕方がありません。ガス機器は基本的に1回の使用でボンベをきっちり使い切るということが困難なため、基本的には予備燃料を持っておく必要があります。そのため、ガス消費量が少ないに越したことはありませんが、メーカーや機器間でそれ程の違いがないのと毎日使うものでもないため、光量を優先することをおすすめします。

メーカー

基本的にガス機器の燃料は、メーカーの純正品の使用が求められています。(ホワイトガソリン機器も同じです。)そのため、ツーバーナーなど他のガス機器とメーカーを合わせておく必要があります。それぞれの機器用にガスカートリッジを準備する必要がないよう、燃料を使いまわせるようにしておきましょう。

燃焼系ランタンには大光量で広い範囲を照らす役割のものと、趣のある灯と燃焼音で雰囲気を出しながら狭い範囲を照らす役割のものがあります。手軽に使えるガスランタンには両方の製品準備さており、サイトを照らすメインランタンとしての使い方と、テーブル上を優しく照らす使い方があります。

それぞれの使い方別におすすめを紹介します。

おすすめ大光量ガスランタン

大光量のガスランタンは、サイト全体を照らす役割を担ったメインランタンです。ガソリンランタンに比べて光量が少なく感じられるため、隣接するサイトと比較した時に暗く映らないよう、シリーズ最大光量の製品を選出します。

Coleman 2500 ノーススター LPガスランタン

2500 ノーススター(R)LPガスランタン (グリーン)

コールマンの代表的な大光量ランタンであるノーススターは、チューブ型マントルでサイト全体を明るく照らしてくれます。ガスカートリッジを装着すると結構大きなサイズになりますが、その見た目とは反対に、それほど重量が増えないのもガスの特徴。緑色のボディーにホヤのプロテクターがコールマンらしい一品です。

  • 光量:200W/320CP相当
  • ガス消費量:100g/h(換算値)
  • 本体サイズ:Φ14.5×26cm
  • 本体重量:1300g
  • 定価:¥11,000(税別)

UNIFLAME フォールディングガスランタン UL-X クリア

フォールディングガスランタン UL-X クリア | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

スタイリッシュなボディは、装着したガスカートリッジの目隠しにも、収納時のケースにもなる外観にこだわった大光量ガスランタン。搭載したパワーブースターにより燃焼時の熱をガスカートリッジに伝達することで、低温時の出力低下を抑えることが出来る。見た目にも機能面でも頼れる一品です。

  • 光量:240W相当
  • ガス消費量:80g/h(換算値)
  • 本体サイズ:13.5×12×21cm(収納時)
  • 本体重量:1400g
  • 定価:¥10,185(税別)

CAPTAIN STAG テラパワーガスランタンL UF-2

テラパワーガスランタン〈L〉 UF-2

最高光量を誇るテラパワーガスランタン。リフレクターが標準装備されているため、上部に逃げる光もサイト内に確保できます。キッチンとダイニングの傍で灯せば、他に光源がいらないくらい明るく照らしてくれます。ガスランタンを1台で済ませたい方にはおすすめです。

  • 光量:280W相当
  • ガス消費量:100g/h
  • 本体サイズ:Φ20×23cm
  • 本体重量:1100g
  • 定価:¥18,000(税別)

snow peak ギガパワー BFランタン GL-300A

ギガパワー BFランタン [明るさ170W相当] | ライティング | キャンプ | オンラインストア|スノーピーク * Snow Peak
170Wの大光量は、遠くからでも自分のサイトの目印になる存在感。夜が来るのが待ち遠しくなるランタンです。専用ケースがついています。

他機種に比べて光量は落ちるが、スノピスタイルを楽しむ方にはギガパワーがおすすめ。スノーピークは特に光の演出にこだわるメーカーで、もともとひとつの光源のみでサイトの照明を満たす考えではなく、テーブルランタンやほおずきなどたくさんの照明を用いて、アウトドアの雰囲気を更に楽しく、そしてリラックスできるような演出を考えています。そんなスノピスタイルでもメイン光源は必要で、そのためのランタンがこのギガパワーです。

  • 光量:170W相当
  • ガス消費量:80g/h
  • 本体サイズ:Φ13×23.5cm
  • 本体重量:1025g
  • 定価:¥15,300(税別)

おすすめテーブルガスランタン

小型で光量の少ないガスランタンは、テーブル上を雰囲気よく照らします。優しい光と燃焼音が夜の団欒にぴったりです。

Coleman フロンティアPZランタン

フロンティアPZランタン

コールマンを代表するテーブルランタン。しっかりした造りで頼れる存在。優しい光で団欒の場に温もりを与えてくれます。他者の追従を拒むかのような低価格がとても魅力的な一品です。

  • 光量:80W相当
  • ガス消費量:40g/h(換算)
  • 本体サイズ:10×7.5×13cm
  • 本体重量:200g
  • 定価:¥4,480(税別)

CAPTAIN STAG クリア ガスランタンS M-6322

クリア ガスランタン〈S〉〈圧電点火装置付〉 M-6322

CAPTAIN STAGのテーブルランタン。テラパワーに反して光量がかなり抑えられている。メーカーを揃えたい場合や、厚いクリアガラスのホヤが好みの方におすすめ。

  • 光量:60W相当
  • ガス消費量:30g/h
  • 本体サイズ:9×9.2×12.2cm
  • 本体重量:360g
  • 定価:¥8,500(税別)

snow peak ギガパワー ランタン天 オート GL-100AR

ギガパワー ランタン天 オート [明るさ80W相当] | ライティング | キャンプ | オンラインストア|スノーピーク * Snow Peak
1998年、スノーピークのランタンの歴史は、この一台から始まりました。片手に収まるサイズに、80Wの光量。美しさ、携帯性、明るさ、すべてそろった初代ランタンです。

スノーピークの初代ランタンを受け継ぐ復刻版のGL-100ARは、更に軽量化されました。片手に収まる小ささと、しっかりした造りで携帯性に優れた小型ランタン。淡い光に眩しいくらいの光量は、スノーピークのこだわりが光ります。

  • 光量:80W相当
  • ガス消費量:35g/h
  • 本体サイズ:Φ5.9×9.5cm
  • 本体重量:125g
  • 定価:¥7,500(税別)

まとめ

使い勝手の良い燃焼系ランタンですが、小さな子供がいる場合には危険が伴います。テーブルの上に置くにも届かない位置に置いたり、吊り下げる場合はしっかりしたポールに付けるなどの安全配慮が必要です。小さな子供いる場合は、メインランタンを燃焼系ランタンにして、テーブルランタンなど手が届きそうなランタンはLEDランタンなどにすると良いかもしれませんね!