GoProで滑らかな映像を撮るのに欠かせないアイテム『Karma Grip』

GoProは臨場感のある映像を撮るのに長けたアクションカメラですが、その厳しい撮像環境のためにどうしても動画制作においてネックになることがあります。それは映像の揺れです。

映像の揺れというのは手ブレや微振動というものだけでなく、例えばマウンテンバイクが舗装されてない山道を走る場合のアップダウンによるものや、手に持って歩いて撮影した時の手の揺れによっておこるものも含めてです。

映像の揺れはGoProだけにあるものではなく、ハンディカムやスマホで撮影した場合にも同じように発生します。(試しにスマホを持って歩きながら撮影してみるとよくわかると思います。)

GoProはアクションカメラという名の通り、止まって撮影するより動いて撮影する場面の方が多くなります。その時、動きに合わせてカメラが動くことで臨場感が現れますが、細かい揺れや激しい映像の移動は、多くの場合不快と感じられます。

そこで役に立つアイテムが、今回紹介するKarma Grip(カルマ グリップ)です!

滑らかな撮像に欠かせない Karma Grip

カルマ グリップは、撮影分野ではジンバルやスタビライザーと言われ、GoProカメラの姿勢を安定制御するシステムです。稀に、その見た目から、3つの自由回転軸を持ったGoProカメラ用のホルダーで、装着したGoProをフラフラさせることで振動などを吸収すると思われる方が見えますが、そうではなく、3つの回転軸にはモーターが仕込まれており、それらのモーターを制御することでGoProの姿勢を安定させるものです。

元々カルマ グリップは、その名の通りGoProのドローンKarmaに搭載された安定化システムで、ドローン飛行中の振動や揺れに対してカメラの姿勢を滑らかに安定させ、撮像した映像にブレや急な画面移動が起こらないようにするためのアイテムです。

Karma Gripの仕組みと操作方法

カルマ グリップは一般的なスタビライザーと同様、3軸のモーターがカメラの姿勢を制御し続けることで安定させます。

カルマ グリップの使用前の準備としては、GoProをスタビライザーに取り付け、グリップに装着するだけです。

実際にカルマ グリップとGoProの使用を開始する時は、グリップの電源ボタンを長押しします。グリップの電源ボタンの操作で、グリップとGoPro本体の電源を一度に操作することが可能です。

録画の開始/終了は録画ボタンで切り替えることができ、ハイライトボタンではタグをつけることが出来ます。

ロックボタンはカメラの上下方向の向きを変更する時に使います。初めて電源を入れた場合、カルマ グリップはGoProが水平方向正面を常に向き続けるような姿勢制御を開始します。この初期状態に対してGoProを上向きや下向きで撮像したい場合、ロックボタンを押しながらグリップを傾けると、カルマ グリップは上下方向の姿勢制御を行わなくなり、GoProをグリップに合わせて傾けることが出来るようになります。傾けたい角度まで傾けたところでロックボタンを離すと、カルマ グリップはその角度を維持するように姿勢制御をはじめます。

カルマ グリップの操作はこれでほぼ全てです。基本的にGoProの姿勢を安定させることが目的なので、機能も操作もシンプルです。

取付場所を拡張する同梱アイテム

カルマ グリップの同梱品に、リングマウントがあります。

(出典:GoPro)

このアイテムをカルマ グリップに装着することで、カルマ グリップを他のGoProマウントに取り付けることが出来るようになります。リングマウントを使用すれば、GoProのスタビライザーはドローンKarmaと手持ち以外での用途にも使えるようになるのです。

購入先情報

GoProカメラはHERO5で手ブレ補正が搭載されましたので、HERO4以前のモデルに比べて手ブレに対する撮影状況はかなり改善されました。しかし、アクションカメラという使い方の中で揺れはどうしても残ってしまいます。

そこで必要になってくるのがスタビライザー(ジンバル)です。カルマ グリップはGoPro社の純正スタビライザーです。そのためGoPro本体との連動が出来ることが何よりの強みで、グリップからの操作だけで全て済ませられるのは非常に使い勝手が良いです。

折角撮影した動画が揺ればかりで使い物にならないという経験をしている方は多いのではないでしょうか?揺れでお悩みの方は是非検討してみてください!