キャンプ場で子供が迷惑を掛けないような遊び・アイデア

キャンプに来るとテンションの上がる子供たち。来た甲斐があったと胸を撫でおろすのも束の間、早速テントやタープの設営をしなければ・・・と大人は大忙しです。ふと気づけば子供が隣のサイト内を駆け回っていたなんてことはよくあることですね。

全てのキャンパーが子供好きで優しい笑顔で見ていてくれるとは限りませんし、マナーや礼儀は子供だから関係ないなんて訳にはいきません。とはいってもテンションの上がる子供を制するのは一苦労だし、怒ってばかりではちっとも楽しくないですよね。

子供が周りに迷惑を掛けずに遊んでくれたらどんなに楽か・・・そんな思いに応えるアイデアを紹介します!

周りのキャンパーに迷惑を掛けないように、子供がのびのび遊ぶには!?

他のキャンパーに迷惑を掛けないために重要なことは、遊ぶ範囲を限定することです。

最も簡単な方法はキャンプ場内の遊び場で遊ばせる方法で、そこでなら走り回ってもバドミントンをしてもそうそう問題にはなりません。気をつけなければならないのは小さな子供が一緒のエリアにいる場合や、おにごっこやかくれんぼなどで広場に隣接するサイト内に入り込んでしまうことです。遊び始める前に伝えれば守れるくらいの年齢であればいいですが、難しい年頃であったりそもそも広場がない場合は、サイト内や共有スペースで遊ぶしかありません。

限られたスペースの中で、それでも子供たちがのびのび遊べる方法なんてあるのでしょうか?!

範囲を限定しやすい遊びで楽しもう!

まずおすすめするのは、範囲を限定しやすい遊びです。あっちへ行ったりこっちに行ったり自由気ままに動き回るような遊びではなく、だいたいこの辺でと決めた場所から移動しないような遊びだと、声掛け程度でも安心できます。

縄跳び、フラフープ

バドミントンやボールなど、体から離れる遊具は意図しないところに飛んで行ってしまいます。縄跳びやフラフープなどのように体から離れない遊具であれば場所を決めるだけで他に制限は不要です!

バランスウォーカー(スラックライン)

(出典:DOPPELGANGER OUTDOOR)

バランスウォーカーとは綱渡りによく似たスポーツで、木と木の間などに取り付けたラインテープの上でバランスを保つスポーツです。立地条件が合わないと遊べませんが、体幹が鍛えられバランス感覚が身に付く一石二鳥の遊びです!


自然や昆虫の観察

アウトドアならではの遊びのひとつです。夢中になって自サイトからはみ出すことがあるかもしれませんが、走り回ったり激しい動きがない分安心できます。

・観察グッズはこちらの記事で紹介しています。

キャンプ場に持って行きやすい携帯性バツグンの拡大観察グッズ6選
キャンプ場は自然がいっぱいです!キャンプ場での過ごし方に迷ったら、自然の世界をのぞいてみてはいかがでしょう?!昆虫や花、石ですら、拡大してみると見たこともない自然の世界が広がっています!この記事では携帯性バツグンの拡大観察グッズを紹介します!

飛び道具には的を用意しよう!

夏場の定番水鉄砲やナーフなどのトイガンは大人気の遊び道具です。ひとたび子供が手にすると所かまわず打ちまくり、隣のサイトのテントを濡らしてしまった・・・なんてことはよくあります。そんな時は的を用意してあげるといいでしょう!的があったら狙う、人って単純ですよね?!

ナーフ シューティングターゲット



ナーフ用のシューティングターゲットです。人気のナーフも合わせて紹介!



ミニサッカーゴール


やっぱりボールが大好き!そんな子供がターゲットにしたいのが点数付きのサッカーゴール。コンパクトに収納できるため持ち運びにスペースを取らないのが嬉しい。

気を付けた方がいい遊び

周りのキャンパーとギクシャクしないために、気を付けた方が良い典型的な遊びも紹介しておきます。頭の片隅にでも置いておきましょう!

シャボン玉

え?シャボン玉が?と思われる方は多いと思いますが、車やテント、食べ物などに付いたりすることを嫌がる人は結構います。実際シャボン玉液は界面活性剤なのでテロメアに異変を・・・ 細かい話は置いておいて、私自身も食べ物に付いたらやっぱり嫌だなと思ってしまいます。風向きなどの条件が整わない時は避けた方が良いでしょう。

キックボード

キャンプ場に関わらずブンブン乗り回せば危ない乗り物です。特にキャンプ場内には小さな子供がいたり見晴らしがよくないところもあります。のんびり過ごしたい人には、タイヤの音は結構な騒音だそうです。

近隣トラブルはあいさつで未然防止!

どんなに気を付けたって何かしらの迷惑を掛けてしまうのはしょうがない事です。そんな時に「いいですよ!」と思ってもらえるか「・・・」と思われるかは、それまでにお互いがどんな関係になっているかです。

サイトに付いたら何よりも先に挨拶をして、お互いに気持ちよく生活できるよう知り合いになっておくことが大切です!