おもちゃ

ドローン初心者向けの200g未満の低価格カメラ付きドローン5選

おもちゃ

CMやYouTubeなどで空撮映像を見ていると、自分でも空撮を撮ってみたくなりますよね?!ドローンという言葉がメジャーになってから、瞬く間にお茶の間にも広がり、気付けば個人でもドローンを持つ時代になりました。そんなドローンですが、機能の面でも価格の面でもピンからキリまであります。

この記事では、空撮が出来るカメラ付きのドローンの中で、1万円以内の低価格機種を紹介します。

ドローンの種類と使い方

ドローンにはプロ仕様からおもちゃのレベルまで様々な種類があります。そして機体重量200gという値を境に使用に制限(規制)が掛けられます。

GoProKarma再販に向けてドローン規制法を確認しておこう!
GoPro製ドローンKarmaの再販が決まり、発売開始を今か今かと待ちわびている方も多いのではないでしょうか!?KarmaはHERO5 Blackとのセット販売も予告しており、一気に最新のGoPro機器をお手頃に揃えられるチャンスでもありま...

町中で手軽に飛ばすということは規制の有無に係わらずなかなか難しくなっていますが、それでも法的な規制を気にせずドローンを楽しむなら、200g未満のドローンを選んだほうが良いでしょう。

初心者におすすめのドローンの種類

ドローンは想像以上に壊れやすいものです。それはドローン自体が脆いだけでなく、高いところから落とされたり、壁にたたきつけられたり、水の中に落とされたりするため、壊れず生還する確率の方が低いからです。そのため、初めて持つドローンは壊れてもいい覚悟が出来る価格のものを選ぶ方が良いでしょう。

それでもそこまで安い買い物ではありません。折角なら十分な飛行ができ、空撮だってちゃんと出来るものの方が、(壊れなければ)長く使い続けられます。

価格と機能のバランスが悩みどころですね。

低価格カメラ付きドローンを選ぶ時のポイント

低価格カメラ付きドローンを選ぶ時、確認すべき機能(スペック)は次の4つです。

  • 本体サイズ
  • 機体重量
  • カメラ画素数
  • オプショナル機能

機体重量

バッテリーなどを含めて200g未満のドローンについては、通称ドローン規制の対象外になります。この記事では200g未満のものに絞って紹介しますが、実際に選定する際は、使い方を含めて重量の確認を行いましょう。

カメラ画素数

空撮レベルをどれだけ重要視するかによりますが、低価格ドローンの中でも200万画素のものはいくつかあります。きれいな映像を求めるなら画素数にも注意しましょう。

オプショナル機能

FPV機能
FPVとはFirst Person Viewの略で、ドローンが映し出す映像をリアルタイムでスマホなどで見ながら操縦できる機能です。200g以上の重量で法規制対象になる機種では、基本的にこの機能を楽しみながらの飛行は不可ですので、200g未満である機体だからこそ楽しめる機能でしょう。

ワンキーリターン機能
ボタンひとつで機体を元の場所に戻せる機能。撮影後に飛行時間が無くなった場合でも安心の帰還が行えます。(飛行開始時と同じ方向を向いている必要があるなど、機種によっては制限がありますので取扱説明書をよく確認しておきましょう。)

ヘッドレス機能
機体の正面を気にせず、操縦者から見た方向にコントロールできるため、直感的に操縦ができる機能です。ヘッドレスモードとヘッドモードで切り替えが行えるものが一般的です。

ホバリング機能
一定高度を維持した状態で飛び続ける機能。一般的に気圧センサーが高度確認をし、モーターの出力が自動で調整されることで高度を維持します。ホバリング機能がないドローンの操縦は非常に難しいため、気軽に楽しみたい方や子供にプレゼントする場合などには、ホバリング機能があるドローンを選ぶことをおすすめします。

その他

ドローンの飛行時間は想像以上に短いです。基本的には10分未満のものがほとんどになりますので、予備バッテリーについても検討しておきましょう。

また、予備プロペラや記録メディアなど、飛ばすだけでなく運用上で不可欠なアイテムがあります。これらについては付属しているものとしてないものがありますので、最終的にはこれらを含めた総価格で比較する必要があります。

それでは低価格で空撮可能なカメラ付きドローンを7種紹介します。価格は記事作成時(17年3月)の販売価格をもとに5,000円~10,000円のものを選定しています。また、ドローン規制外の200g未満のもののみ選出していますので、初めての方でも気兼ねなく扱える機種です。

低価格カメラ付きドローンの紹介

G-FORCE Hubsan X4 HD

6軸ジャイロによる飛行姿勢の安定制御とワンキーリターン、ヘッドレスモードを備えるドローン。ホバリング機能を敢えて排除し、最低限の飛行アシスト機能のみに限定したことでドローン操作を探求することが出来るモデルとなっています。操作スキルが身に付くまでは安定飛行させることが困難なため、気軽に操作したい方にはおすすめしないモデルですが、ドローン免許の獲得を視野に入れている方には最適なモデルです。

  • 本体サイズ:83×84×33mm
  • 機体重量:51g
  • カメラ画素数:200万画素HDカメラ
  • 機能:ワンキーリターン、ヘッドレス

 

Holy Stone HS370

ホバリング機能による自動高度維持が行え、ワンキーリターン、ヘッドレスモードに加えFPS機能も備えるフルスペック機。3段階のスピード切り替えや3Dフリップ機能も備えるため、遊びが広がるドローンです。操作アシストが豊富で簡単に扱えるため、初めてのドローン操縦でも難なく扱えるでしょう。

  • 本体サイズ:178×170×34mm
  • 機体重量:46g
  • カメラ画素数:1280×720P
  • 機能:FPS、ワンキーリターン、ヘッドレス、ホバリング

 

Holy Stone SHADOW HS160

ホバリング機能に加えワンキー離着陸が可能なため、ワンクリックで目線の高さにドローンを離陸させることが可能。プロペラが本体に収納できる構造のため、破損等を気にせず鞄やポケットに入れて持ち運び出来る。更に専用のプロポに加えスマホでの直感操作も出来るため、遊び場所がグンと広がります。

  • 本体サイズ:185×155×30mm
  • 機体重量:83.5g
  • カメラ画素数:720P
  • 機能:ワンキー離着陸、スマホ操作、ホバリング

 

HOLY STONE HS220

ホバリング機能とワンキー離着陸機能で安心且つ簡単に飛行制御できます。更に直感型スマホ操作に加え、飛行経路をスマホ上で指示できるトラッキングモードも備えるため、様々なシーンで活躍させることが可能です。FPVや3Dフリップ機能、4段階のスピードコントロールが可能なため、アクロバティックにも楽しめます。またLiPoバッテリーが機体とプロポで同一なので、機体バッテリーが減ったらプロポと交換して再度飛行させることが出来るアイデア品です。初めてのドローン選びで迷っているなら迷わず買いの逸品です。

  • 本体サイズ:展開時:250×250×40mm、折畳み時:145×145×40mm
  • 機体重量:80.8g
  • カメラ画素数:720PHD
  • 機能:FPV、ワンキー離着陸、ヘッドレス、スマホ操作、ホバリング

 

HOLY STONE HS190W

トイドローンに分類される小型のドローン。小さいながらもホバリングにワンキー離着陸、スマホ操作など飛行をアシストする機能が全て揃ったハイスペック機。プロポが機体の収納ケースにもなる程小さな機体は、風や事故などが気にならない家の中で遊ぶのに最適。子供へのプレゼントに最もおすすめすドローンです。

  • 本体サイズ:55×55×30mm
  • 機体重量:21g
  • カメラ画素数:720PHD
  • 機能:FPV、ワンキー離着陸、ヘッドレス、スマホ操作、ホバリング

 

200g未満のドローンはドローン規制を受けずに気軽に飛ばせる反面、飛行能力は高くありません。多少の風でも流され、操縦不能になりやすいため、屋外で飛ばす場合は天候や場所などに注意して遊んでください!

タイトルとURLをコピーしました