福岡ローマン渓谷オートキャンプ場ってどんなとこ?

岐阜県にはたくさんのキャンプ場があります。今回紹介するのは岐阜県中津川市に昔からあるキャンプ場です。広い場内に自然の遊び場が広がるローマン渓谷キャンプ場は、公式のwebサイトではあまり魅力が伝わらないので、おせっかいにも紹介していきます!

ローマン渓谷キャンプ場ってどんなとこ?

場所はどの辺り?

岐阜県中津川市を流れる付知川に隣接するキャンプ場です。市内からは少し外れますが、交通の便も買い物の便も良い場所にあります。

中央自動車道 中津川ICから20分程です。道中コンビニ以外にもスーパーやホームセンターなどもあるため、ちょっとした買い足しや忘れ物のフォローにも便利な立地です。

ローマン渓谷のおすすめは?

ローマン渓谷キャンプ場のおすすめは、広大な敷地と自然が共存していることでしょう!ひとつひとつのサイト自体が大きいため、ゆったりとした時間が過ごせます。また大きな芝生広場や隣接する付知川では、ボール遊びや水遊びなどアウトドアの遊びを楽しむことが出来ます。

施設の情報

(出典:ローマン渓谷キャンプ場)

サイト情報

サイト名 タイプ サイト数
テントサイト(電源付き) 60
17番テントサイト(電源なし)
ロッジ
バンガロー

テントサイトの大きさは公式では10×10mとなっていますが、1区画のサイズはそれ以上です。区画内に木が生えていたりするため、平地として整備されているは最小で10×10mなので、例えばハンモックを掛けたりするのに10×10m外を使うことが可能です。それだけゆったりとした広さがあります。

ローマン渓谷キャンプ場のほとんどのサイトは4区画がひとつの垣根で囲われており、中央の車道スペースで2区画ごとに分割されています。2区画間には仕切りがないため、知り合い同士で使用する場合には便利です。

サイトの下地は土混じりの砂ですが、うっすら芝のような草が生えています。プラのペグでは10cm程度までし入れられないので、金属性のペグがおすすめです。大きな木が何本も生えたキャンプ場なので、風の影響が少ないため最小限のペグで十分です。

場内の環境

場内はとてもきれいです。中央の広い芝生広場も、定期的に草刈りをしているのか伸びすぎている状態を見たことがありません。

広場と隣接するサイトは、直接広場へ行くために垣根の開きが作ってあります。外側(川側)のサイトから広場へ入るための道もところどころに設けてあるため、他人の区画に入ることなく移動できるようになっているのも良いところです。

炊事場

水場の建屋の中に炊事場とゴミ分別収集場所があり、その奥にトイレがあります。

炊事場は写真の通りとてもきれいです。全部で3列あり混雑して待つということはありません。

お風呂

(出典:ローマン渓谷キャンプ場)

場内にお風呂が完備されています。シャンプーやボディーソープなどは常備されていないので、持参する必要があります。平日など利用者が少ない時はボイラーが止められていることがあり、その場合はコインシャワーとなります。お風呂はサイト利用料に含まれていますので、宿泊者は無料で利用できますが、コインシャワーはお金が必要です。コインシャワーがあるのは何かと便利ですね!

ゴミの処理

ゴミの分別はもちろん必要ですが、場内にゴミの廃棄ステーションがあるので、持ち帰る必要はありません。ありがたいですね!

遊び場

遊び場は中央の芝生広場と、キャンプ場の外側を流れる付知川、そして(これは公言して良いか分かりませんが)場内をくるっと回る道路です。

芝生広場ではバドミントンやキャッチボール、フリスビーなど子供も大人も自由に遊んでいます。道路はキックボードや自転車が走り回っています。

付知川では川辺の小魚を追っている子供たちがたくさんいます。ただ雨の日などはかなり増水しますので、自然の川ということを忘れないようにしましょう。また6~7月は対岸に蛍が飛びます!

レンタル用品

ひと通りのキャンプグッズと自転車のレンタルが可能です。

気温は?

平地より若干涼しい程度ですので、夏はかなり暑くなります。川で遊べれば良いですが、山手なので急な雨も覚悟が必要です。17番サイト以外は電源が設けられていて自由に使用できるため、ファンなどを持っていくのも良いでしょう。

特典情報

ひとつはJAF会員割引があります。会員の方は忘れず提示しましょう。もうひとつはチェックIN/OUTの時間です。大型連休などの繁盛期は対象外ですが、平日や大型連休以外の土日は9時からチェックINでき、チェックOUTは17時までOKです。まるっと2日間ゆっくる出来るのは良いですね!

まとめ

ゆったりと自然を満喫できるキャンプ場がローマン渓谷キャンプ場です。サイトも広く立派な木が区画内に生えているので、ビギナーにもベテランにも楽しいキャンプ場です!レンタル用品や周辺での調達も簡単なので気楽にいくことが出来ますが、夏場の暑さ対策は忘れずに準備して出かけましょう!