子供も覚えておきたい!キャンプで使うロープの結び方5種類

ロープの結び方や扱いをロープワークと言いますが、ロープワークにはとてもたくさんの種類があります。実用的な結び方から荷造り、飾り結びなど様々です。その中でも今回はキャンプでよく使う結び方を紹介します!

子供にも教えておくべきロープの結び方

ロープはアウトドアの必需品です。現在は自在金具やカラビナが一般的になってきて、あまりロープワークが必須テクニックではなくなりつつありますが、それでも自在金具やカラビナが破損したら、頼るのは手元にあるただのロープです。そんな時でも結び方を知っておけば、落ち着いて対処できることでしょう!

それではキャンプでよく使うロープの結び方を紹介していきます!親子でしっかり身に付けておきましょう!

もやい結び

最もよく使う結び方です。テントやタープのハトメの部分にロープを結びつける時などに使います。また救助の時などロープの先に輪を作る場合にも用います。特徴は緩みにくくほどき易い事です。ロープにテンションが掛かっている時は結び目を締め付けるように力が加わり、テンションを外せば結び目の締め付けが緩み、容易にほどくことが出来ます。

結び方

8の字結び

ロープにコブをつくる結び方です。真直ぐなロープに持ち手代わりのコブを作ったり、穴に通したロープの抜け止めなどに用います。

結び方

本結び

ロープとロープを繋げる時に使う結び方です。ロープが切れてしまったり、ロープの長さが足りない場合にこの結び方を用いてロープを連結します。ロープの太さが極端に違う場合には使えないので注意してください。

結び方

巻結び

木などにロープを巻き付ける結び方です。物干しロープを張る場合や、強風時にテントなどを支える場合など、木などにロープを巻き付ける時に用います。特に高い位置に結びたい時は、子供を肩車して結んでもらえば親子のスキンシップになるので、是非子供に覚えてもらいましょう!

結び方

自在結び

ロープの長さが調整出来る結び方です。自在金具の代わりになります。

結び方

まずはこんな結び方があるということだけでも覚えておけば、必要になった時に検索すれば良いので、さらっと覚えておくだけでも良いでしょう!

今回記事内で使用したロープは、アウトドアショップなどで100円/1m程で販売されています。ロープはテントやタープを張る時だけでなく、物干し用にロープを張ったり、積荷を縛る時などとても便利です。リールでまとめ買いするとかなりお得なため、最後に紹介いたします!

CAPTAIN STAG ガイロープ5mm×20m



切断部の末端は、ライターで数秒あぶることで簡単に処理できます。