自分のホームページを作って、動画や情報を世界中で共有しよう!

動画の共有はYouTubeが最もポピュラーですが、動画や情報をテーマに紐づいた状態で共有しようとすると、専用のwebサイトで発信する方が共有し易くなります。

専用のwebサイトを立ち上げる方法としては無料ブログという手もありますが、この記事では独自にドメインを取得してwebサイトを立ち上げる方法を説明します。

【web初心者向けの記事です。】

webサイトの環境準備

基礎知識

独自ドメインのwebサイトを立ち上げるには、ドメインサーバー環境が必要になります。webサイトの情報を管理するためのサーバースペースにドメインを設定し、webサイトの情報をサーバーに収納すると独自ドメインのwebサイトとして公開されます。

独自ドメインとは

まずドメインとは何かですが、それにはURLの構成から理解する必要があります。

URLは下図のようなアルファベットと記号で表されます。

  1. ドメインの種類:ドメイン管理業者から取得する必要があります。(選択)
  2. サイトの名前:取得時に自由に決めることが出来ますが制限があります。
  3. World Wide Webの略:最近はURLの表示で省略されることが多くなっています。
  4. プロトコル名:httpに対しhttpsはSSL(セキュリティー)対策が施されたサイトを表します。

上記は一般的にサイトのトップページのURLで、このURL以降に”/”を挟んで更にアドレスが続いたものが、記事などのURLになります。

このURL内の「②サイトの名前」と「①ドメインの種類」を合わせたものをドメインと言います。(このサイトのドメインはhirameita.infoとなります。)

ドメインにはサブドメインというものもあり、この例のようなURLはサブドメインと区別する意味で独自ドメインと呼びます。

サブドメインとは無料ブログなどで割り当てられるドメインで、④③と②①の間に更に(サブ)サイト名があるドメインを言います。

サーバー環境とは

サーバー環境とは、webサイトの情報を管理するサーバーと、ユーザーがブラウザを介してwebサイトを閲覧する場合に、リクエストとその情報とを紐付け、提供する環境を言います。

一般的に小集団や個人でwebサイトを立ち上げる場合は、サーバー環境を提供する専門の会社から、その一部を借りることでサーバー環境を準備します。このサーバー環境や会社のことをレンタルサーバーと呼びます。

ドメインとレンタルサーバーを準備する

ドメインもレンタルサーバーも、これらを専門に扱っている会社と契約して取得する必要があります。ドメインはどこの会社と契約しても大差はありませんが、レンタルサーバーは価格と性能において種々あります。レンタルサーバーは一度決めるとなかなか変更することはありませんので、初めによく考えて決める必要があります。

一般的にはドメインとレンタルサーバーの契約は、同じ会社で行うことをおすすめします。初期の立ち上げ時の慣れない作業でつまづくリスクを減らすためと、それなりのレンタルサーバーだとドメインの無料サービスがあることがあります。

会社比較はこの記事では致しませんが、当サイトが使用している環境を紹介します。
当サイトではエックスサーバーという会社を利用しています。エックスサーバーは言わずと知れた信頼性の高い人気サーバーです。契約プランはいくつかありますが、このサイトではX10というエックスサーバーの中では最もお得なプランを契約しています。格安サーバーと呼ばれる会社にはX10よりさらにお得なプランもありますので、契約する前によく比較して決めるようにしましょう。

ドメインとレンタルサーバーの取得・保持に掛かる費用について

はじめてドメインとレンタルサーバーを契約する方は、少し悩む内容だと思いますので敢えて記載しておきますと、ドメインもレンタルサーバーも無料キャンペーンでない限り継続的に費用が掛かります。レンタルサーバーはそこまで紛らわしくありませんが、初期設定費用で〇〇円、月々〇〇円という費用体系が一般的です。(長期契約で割引があるものもあります。)

紛らわしいのはドメインで、ドメインは買い切りではありません。年単位で費用が必要になります。よくドメイン管理業者の広告で「.comドメイン30円から」と宣伝しているものを目にしますが、この30円というのは初年度の特別費用になり、翌年からは数百、数千円の費用が必要になります。この価格はドメインの種類によりかなりの差がありますので、初年度分の費用に惑わされず翌年以降の費用も確認することをお忘れなく。

ドメインの種類とWhois情報公開代行について

ドメインにはいろいろな種類があります。よく知られた「.com」や「.co.jp」から、最近では「.blue」や「.xyz」など様々です。ドメインの中には意味や取得条件のあるものと、特に条件や意味を持たないものとがありますので、取得時には確認が必要です。

またドメインを取得すると、そのドメインの持ち主の情報を登録する必要があります。この情報をWhois情報といい、名前はもちろん住所等の個人情報からなり、誰もが自由に確認できるようになっています。登録する理由はネットワークの安定化となっていますが、つまるところ悪いことをしないように利用者を管理することが目的と思われます。Whois情報の登録はドメインを持つ以上絶対に必要になりますが、この情報を誰もが見れる状態にあるというのは少し不安を覚えます。

そこで役に立つのがWhois情報公開代行サービスです。このサービスは、ドメイン管理業者が購入者に変わって管理業者名義でWhois情報を登録してくれるサービスです。このサービスを利用することで、我々個人の利用者が個人情報を公開しなくてもすみます。大変ありがたいサービスですが、注意しなくてはいけないことが2点あります。

  1. Whois情報公開代行サービスは、ドメイン管理業者によって勝手に代行される場合と自分から依頼をする場合とがあり、いずれも登録後に変更するには費用が掛かる場合が多い。(エックスサーバーでは基本代行登録となります。)
  2. ドメインの種類によっては、Whois情報代行が出来ないものがあるため、それらのドメインを選んだ場合は自身の個人情報を公開するしかありません。

Whois情報については見逃しがちですので、ドメインの選択時には忘れずに確認しましょう。

レンタルサーバーにドメインを設定する

ドメインとレンタルサーバーの契約が出来たら、レンタルサーバー側の指示に従いドメインの登録と各種環境設定を行いましょう。

契約したレンタルサーバーに独自SSLの設定が無料でついている場合は、忘れずに適用するようにしましょう。(SSLの種類に共有SSLというのもありますが、共有SSLは独自SSLと異なりますので注意が必要です。)

環境が整ったら次はwebサイトの構築です。

WordPressでwebサイトを構築する

無料ブログでwebサイトを立ち上げるには、ホストがサイトの基本構造やテンプレートを準備してくれているのでそれほど手間をかけずにサイトの立ち上げが出来ますが、独自にサイトを立ち上げる場合は、すべてを自分で作り上げなければなりません。

インターネットが普及し始めた当時は、HTMLさえ学べばwebサイトとして公開しても良い時代でしたが、現代の動的なwebサイトを作るには、プログラマーやSEなどの専門家でなければ困難です。

そこで力を貸してくれるのがWordPressです。

WordPressとは

WordPressとはCMS(コンテンツ管理システム)のひとつで、PHPとMySQLをベースにしたオープンソースのwebサイト作成ツールでです。現在インターネット上のwebサイトの1/4はWordPressで作られています。

この説明を読んで「なるほど」と思われた方は少ないのではないでしょうか?

WordPressを簡単に表現すると「WordPressとはwebサイトを構築するためのパッケージ」だと思うと理解しやすいです。

現在の動的なwebページは、HTMLというプログラム言語と、動的にページを処理するPHPから作られています。(他にもいろいろありますが・・・)

動的と言うのは、ユーザーなどのリクエストに対してブラウザ上に表示するページや構成を変えることを言います。例えばソーシャルボタンをクリックするとボタンの上の数字が1増えるなど。

これら現在のwebサイトを作るための構成ファイルがしっかりと紐づけられて、ひとつのパッケージ化されたものがWordPressです。なので、WordPressをダウンロードして展開しても、ファイルの入ったフォルダが出来るだけで、exeなどの実行ファイルは出来上がりません。

このパッケージを元に、デザインや機能をカスタマイズしたり記事を投稿したりすることで、簡単にwebサイトを構築することが出来るのです。

サーバーにWordPressの環境を構築する

WordPressはサーバー環境下で動くものなので、契約したレンタルサーバー内にWordPressが動作する環境を作る必要があります。サーバー上にWordPressの動作環境が整い、WordPressをベースとしたwebサイトデータが構築されると、ユーザーはブラウザを介してそのサイトを閲覧することが出来るようになります。

そのために、まずサーバー上にWordpressの環境構築をする必要がありますが、現在はWordPressが普及したおかげで、ほとんどのレンタルサーバーでWordPressの環境を自動生成してくれますでの、契約したレンタルサーバーの手順に従って環境構築を行ってください。(エックスサーバーではクリックするだけで構築が完了します。)

レンタルサーバー上にWordPressの環境が構築出来たら、次はWordPressの初期設定とサイト構成・外観のカスタマイズを行います。

WordPressの基本的な使い方

WordPressの詳細に入る前に、一般的なwebサイトの構造を説明しておきます。

webサイトの構造

webサイトとは同じ管理下のwebページが集まったものを言います。構造はトップページ(ホーム)が最上位にあり、次いで固定ページやカテゴリページぶら下がります。そしてカテゴリページの下に記事ページがぶら下がっている構造が一般的です。

webページは下図のような基本構造になります。

  • ヘッダー:サイトのタイトルやロゴなどのサイトの顔となる部分です。
  • メニューバー:カテゴリーなどのメニューを表示するスペースです。
  • コンテンツ:記事や記事リストが表示される部分です。
  • サイドバー:ヴィジェットなどを配置するためのサブスペースです。新着記事リストや人気記事などのを表示させ、訪問者にサイト内の別記事への誘導などを行います。
  • フッター:ページの最下層の部分です。一般的にライセンス表示として使用するスペースですが、カテゴリリストなどのヴィジェットを配置することも可能です。

このようなwebページはひとつのプログラムファイルで作られているわけではなく、役割別に作られたいくつかのプラグラムファイルで構成されています。それらのファイルをつなぎ合わせてひとつのwebページとして表示されているのです。

そして、それら構成ファイルがパッケージ化されたものがWordPressです。

WordPressはwebサイトを構成する様々なファイルがパッケージ化されたものです。構成するファイルはそれぞれに役割を持っており、どれかひとつでも欠けると動作に不具合が起こります。そんなWordPressの構成ファイルをプログラム知識があまりない人が編集すると、瞬く間に不具合が発生することでしょう。

そこでWordPressでは編集用のページが用意されています。これをダッシュボードと呼びます。ダッシュボードもブラウザを介してアクセスするようになっていますが、webサイトの管理者のみがアクセスできるようにIDとパスワードにて保護されています。

webサイトの管理者がダッシュボードで編集(カスタマイズや記事の投稿)を行い、更新した情報をユーザーがブラウザを介して閲覧するという仕組みです。

ダッシュボードの構造

ダッシュボードではwebサイトの基本情報やwebサイトの構造・機能のカスタマイズ、記事の投稿などを行います。基本的なwebサイトの立ち上げや更新は全てダッシュボードから行いますので、ダッシュボードの使い方を理解することがWordPressの使い方を理解することと言っても過言ではありません。

ダッシュボードは下図のような構造になります。

画面左側が編集メニューで、中央に編集画面があります。

ダッシュボードにアクセスした時、最初に表示される画面がこのダッシュボードのホーム画面になります。紛らわしいですが、WordPressでダッシュボードと言われた場合、このダッシュボードメニューの事をいうこともありますが、ほとんどの場合は編集用のページ全体をいいますので頭の片隅に入れておきましょう。

編集メニューについて簡単に説明をします。

  • ダッシュボード:ホームとして最初に表示されます。主にWordPressやテーマ、プラグインなどの更新の確認、実行で使用します。
  • 投稿:記事の作成や投稿、カテゴリーやタグの作成、管理を行います。最もよく使うメニューです。
  • メディア:画像や動画などのメディアデータの追加、管理を行います。記事内で使用するデータについては、このメニューを介さなくても記事作成ページで追加、削除が行えます。
  • リンク:リンクヴィジェットに追加するリンクの作成、管理を行います。
  • 固定ページ:固定ページの作成、管理を行います。サイトマップや問合せフォームなど、記事とは別のページが必要な場合は固定ページとして作成することが一般的です。
  • コメント:コメントの管理を行います。
  • 外観:テーマの選択やヴィジェットの編集、見た目のカスタマイズなどを行います。サイトの公開前と公開後しばらくはこのメニューを多く使うことになります。
  • プラグイン:プラグインの追加や管理、個別設定などを行います。プラグインは外観メニューで行う見た目のカスタマイズと異なり、サイトが持つ機能を追加するものです。
  • ユーザー:ユーザーの追加、管理や自分のプロフィールの設定を行います。
  • ツール:ツール(道具)の追加や管理を行います。デフォルトで「Press This」というツールが入っており、引用をする際のツールとして有用です。
  • 設定:サイトの基本的な設定を行います。

各編集メニューには更にサブメニューがあり、それらをクリックすることで開かれる編集画面にてサイトの作成、編集を行います。メニューやサブメニューの細かい説明は省きますが、以降で説明する設定やカスタマイズ方法を進める中で自然に覚えることができるでしょう。

WordPressの初期設定

WordPressの準備が整うと、webサイトのデザインやメインである記事を投稿したくなりますが、その前にいくつかやっておかなければならないことがあります。それら初期の設定などを順に説明します。

サイトを非公開にする

サイトのカスタマイズが完了するまでは基本的にサイトを非公開にするのが一般的です。WordPressの環境が整ったら、まずは非公開の設定をしましょう。

設定方法は、ダッシュボードの設定メニュー内の「表示設定」から行います。「検索エンジンでの表示」の右側のチェックボックスにチェックを入れ保存すると非表示となります。

この非公開設定がされている間はいくら編集を繰り返しても影響が少ないため、デザインなどサイトの構成が決まるまでは非公開設定のままにしておきます。

但し、サイトの構成が完成し記事の公開を行う場合は、この非公開設定を解除することを忘れないようにしましょう。

サイトタイトルなどの基本事項を設定する

サイトのタイトルやキャッチフレーズなど、サイトの顔になる項目を設定します。

設定方法は、設定メニュー内の「一般」から行います。設定内容自体で悩むことはないと思いますが、SEO的にもユーザー側にも非常に重要な項目になりますので、よく考えて設定しましょう。

プロフィールを設定する

プロフィールで重要なのはニックネームです。投稿記事の作者としてweb上に表示されます。デフォルトではサーバー登録時のユーザー名が設定されていますので、そのままで問題ない方は特に設定する必要はありません。

設定方法は、ユーザーメニュー内の「あなたのプロフィール」から行います。ニックネームを登録し、ブログ上の表示名からニックネームを選択します。

パーマリンクを設定する

パーマリンクとは各webページのURLです。デフォルトではトップページのURLの後に番号をつける設定になっていますが、SEO対策をするのであればパーマリンクはカスタマイズするべきです。パーマリンクの考え方は種々ありますが、リスクが少なく現在最も主流のものを紹介します。

設定方法は、設定メニュー内の「パーマリンク設定」から行います。「カスタム構造」にチェックを入れ、「/%postname%」と入力します。

このパーマリンク設定の場合、トップページ以下に設定するURLを記事を作成した時に都度設定することが出来ます。

これで初期設定は完了です。

WordPressのテーマを設定する

初期設定が完了したら次にWordPressのテーマを設定します。WordPressのテーマとは、テンプレートのようなものです。機能やデザイン、サイト構造のベースとなるものです。WordPressをExcelとすると、WordPressテーマはExcelテンプレートにあたるものです。

WordPressテーマはあくまでテンプレートなので、いろいろとカスタマイズすることは可能ですが、それでも機能や構造の骨格となるものなので、初めによく考えて選んでおく必要があります。

WordPressテーマはWordPressにデフォルトで登録されているものから、無料、有料のテーマがweb上に数えきれない程あります。オープンソースの恩恵ですね。

WordPressテーマについては下記事で紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

RIKETORE(りけとれ) | 男の流行モノ with子育て
男の趣味や流行りについて紹介する情報サイト。子育てにもマッチしたアウトドアの情報が盛りだくさん!。

テーマの設定は、外観メニュー内の「テーマ」から行います。テーマを新たに追加する場合は「新規追加」から追加します。

テーマの編集画面内で使用するテーマにマウスオンすると「有効化」ボタンが現れますのでクリックします。

テーマのカスタマイズ及び記事投稿

テーマを設定したら、次にカスタマイズです。デザインやサイドバー、SEO対策などカスタマイズできる項目はたくさんあります。カスタマイズの方法は各テーマに依存するところもありますので、テーマのサポートにお任せします。

またプラグインを追加して機能を拡充することも出来ます。

凝り出したらキリがないところですが、ある程度整ったら記事の投稿をはじめることをおすすめします。どんなことでもそうですが、初めから100%のものは作れません。どんなに完璧だと思えるデザインを作り上げても、サイトを運営してしばらくすれば変更したくなるものです。

記事の最後に

かなり長文になりましたが理解できたでしょうか?

今回紹介した内容は、独自ドメインを取得して自分のwebサイトを立ち上げるまでの基礎の基礎です。サイトの公開が出来れば立ち上げとしては完了ですが、まだまだやるべきことはたくさんあります。SEO対策や集客、そして何より運営です。継続して記事をアップしていくことが大切です。たくさんの人に喜んでもらえるサイト作りを頑張りましょう!

サイトの公開設定を忘れずに!