背負って使えるソーラーチャージャーで非常時やアウトドアでも電力補給!

アウトドアでも電力は欠かせない時代になりました。キャンプや災害時などの非常時にもスマホは必需品となり、より快適なアウトドア活動のためにはLEDライトやサーキュレーターなども便利グッズとして上位にあがってきます。また、GoProなどのアクションカメラやドローンを利用する時にも電力は欠かせません。

しかし、便利な電化製品には充電切れの懸念が常につきまとい、気付いた時には手遅れなほど充電がなくなっていたということはよくあることです。アウトドア活動を常に快適・爽快に過ごすためには、充電の残りを気にすることなくバンバン電化製品を使い倒せる環境が必要で、そのために必要なのは発電と充電が出来るアイテムではないでしょうか?!

今回紹介するのは、そんなアウトドア活動や非常時の際にとても便利な『発電&蓄電アイテム』です!

アウトドアの電力は太陽から!

アウトドアで電気を補給するならやはり太陽からです!太陽光発電は、太陽にパネルを向けさえすれば発電し、電気を得ることが出来るので、他に燃料や労力などを必要としません。

太陽光発電グッズはいくつもありますが、今回紹介するのはアウトドアに特化したソーラーチャージャーです!

RAVPOWER ソーラーチャージャー RP-PC005

今回紹介するRAVPOWER社のソーラーチャージャーは、SUNPOWER社の高い交換効率のソーラーパネルを搭載し、3つのiSmart採用USBポートから電気を供給することが出来るソーラー発電システムです。

iSmartテクノロジーとは、接続されたデバイスを自動認識し、最適な電流供給を実現するとともに、最大2.4Aの急速充電にも対応した電流最適制御システムです。このシステムがあることで、接続したデバイスに最適且つ最速の充電制御が自動で行われます。特に太陽光発電の場合、天気の変化に伴い発電量も刻一刻と変化するので、変化に合わせて常時電流を最適制御してくれるiSmartテクノロジーは必須機能でしょう。

そして、もうひとつこのソーラーチャージャーがアウトドアに特化しているところは、ザックなどに引っ掛けて背負えるところです!

(出典:Amazon)

重量は僅か754gと軽量なため、発電しながらトレッキングに出発することも可能です。もちろん地面に置いたり木に引っ掛けて使用することも出来るので、アウトドアにも非常時の際にも重宝されることでしょう。

  • 発電能力:24W(5V/4.8A)
  • 重量:754g
  • 供給ポート:iSmart USB 3ポート
  • サイズ:30.5×85×0.4cm


省サイズ版 RP-PC008

RAVPOWER社のソーラーチャージャーには、先に紹介したRP-PC005の省サイズ版であるRP-PC008があります。サイズダウンしたことで、より活動的に利用することが出来ます!

  • 発電能力:16W(5V/3.2A)
  • 重量:450g
  • 供給ポート:iSmart USB 2ポート
  • サイズ:24×65.5×0.4cm


蓄電はモバイルバッテリーに!

RAVPOWER社のソーラーチャージャーは、発電システムではありますが蓄電機能はありません。デバイスを接続している間はデバイス側に充電されていきますが、接続していない時やデバイス側が満充電の状態ではソーラーチャージャーは何も機能しません。電気を使うのは日中だけでなく、ソーラーチャージャーが発電できない夜間にもデバイスの電気はどんどん消費されていきます。発電出来る時に余すことなくしっかり電気を蓄えておくためには、モバイルバッテリーがおすすめです!

RAVPOWER モバイルバッテリー RP-PB19

  • 容量:16750mAh(iPhone7を5.5回充電可能)
  • 入力:5V/2A
  • 出力:iSmart USB 2ポート(5V/2.4A、5V/2.1A)
  • 本体サイズ:12.7×2×8cm
  • 重量:309g


まとめ

電気が欠かせない時代に自ら電気を補給できる手段を持っておくことは、アウトドア活動に限らず非常時の生活環境を確保する上では大切になってきます。備えあれば憂いなしです!