ファミキャンビギナー必見!ファミリーテントの選び方とおすすめ5選

キャンプと言えばテントですね。サイトの中で一番大きなテントは、キャンパーの目を集める存在です。使い勝手にも見た目にもこだわった自分好みテントを手にしたいのは、全てのキャンパーの思いです。

この記事ではファミリーキャンパー向けのテントの選び方と、おすすめを紹介いたします。

テントとは

テントとは、言わずと知れたキャンプの居住空間を作る道具です。でもただの寝床ではありません。キャンプのシンボルであり、サイトの色を決める重要な役割があります。ですのでテントは機能とコスパだけでなく、見た目も好みに合うものを選びましょう。

テントを選ぶときのポイント

テントを選ぶ時、確認すべき機能(スペック)は次の3つです。

  • インナーサイズ
  • 耐水圧
  • 収納サイズ

インナーサイズ

テント内の居住スペースの広さです。荷物の置き場所も考えるとどれくらいの広さが必要なのかが悩みどころかと思います。インナーテント内に置く荷物は、着替えやタオルなどの衣類と洗顔グッズやお風呂セットなどが入った、旅行バッグ1個分と個人の手荷物くらいです。余裕があればミニデスクなどを持っていくこともありますが、最低限必要な荷物スペースは大人ひとり分程度のスペースです。でもこれらの荷物は足元や頭側に置くことになりますので、荷物スペースまで考えて大きすぎるテントを選ぶ必要はありません。家族全員が横向きに足を曲げて寝転べる広さがあれば十分です。

耐水圧

耐水圧は一般的に1,500mm以上あれば十分とされています。格安テントはこの耐水圧が低いものがほとんどで、雨が降ると途端に張りがなくなりみすぼらしくなってしまいます。キャンプを続けるということでテントを購入する場合は、耐水圧が十分あるものを選びましょう。

収納サイズ

キャンプ道具の中で大きく重い荷物がテントです。特にコンパクトな車でキャンプに行かれる場合は、サイズを確認しておきましょう。

他にも・・・

テントによっては広い前室や後室があるものがあります。スクリーン型タープを立てない方は、夜間にテントの前室や後室に荷物やゴミ袋を置くことになります。靴や傘なども置こうとすると、前室や後室は広いに越したことはありません。収納しなければいけない道具と収納できるスペースとを比べておきましょう。

テントと合わせて必要なもの

テントを購入する際、合わせて購入しておくべきものがあります。それはグランドシートとインナーシート(テントマット)です。

(出典:Coleman)

グランドシートはテントの下(テントと地面の間)に敷くシートで、地面からの湿気や雨水の染み込みを防ぐために必要です。

インナーシート(テントマット)はテント内に敷くマットで、地面からの冷気を遮断しクッション性を持たせるためのものです。

これらシートは必ず必要というものではありませんが、快適なテント生活やテントのもちをよくするためには欠かせないアイテムです。出来るだけ購入することをおすすめしますが、いずれも専用のものは高価なため、一般的にブルーシートや銀マット、別メーカーの汎用品などで代用される場合がほとんどです。

それではおすすめのテントを紹介していきます。今回は4人家族(大人2人、小学生の子供2人)に合う広さのファミリーテントを選びましたので、大人4人やそれ以上のご家族の場合は、紹介するテントのワンサイズアップしたものを選んでください。

また人気急上昇中のワンポールテント(とんがりテント)は、子供がポールを持って周ると倒壊する危険がありますので、今回はドーム型に絞って紹介します。

おすすめのドーム型テント

ドーム型テントは設営も簡単で、雨風に対しても優れた安定性を誇ります。小さな子供はポールを持ったりロープをまたいだりと、テントも遊具のひとつにしてしまいます。そんな過激な環境でもしっかり立っていてくれるのがドーム型テントです。ファミリーキャンプがメインの方におすすめです。

snow peak アメニティドームM

オンラインストア|スノーピーク * Snow Peak
スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。

ファミリーテントで不動の人気を誇るsnow peakのアメニティドーム。そのフォルムとカラーセンスで虜になる人も多いのではないでしょうか。全高を低く抑えた構造で、強風への耐久性が格段に高い。耐水圧1,800mmミニマムという最低値保証をするほど、品質に自信を持った一品。最大の特徴である広い前室は、夜間の物置や少人数キャンプ時のダイニングキッチンとして重宝します。

(出典:snow peak)

スペック

  • インナーサイズ:W280×D265×H150
  • 耐水圧:1,800mmミニマム
  • 収納サイズ:H25×D22×W75cm
  • 重量:8.0kg
  • 付属品:ー
  • 定価:¥32,800(税別)

(出典:snow peak)

注意ポイント

  • 前室は左右対称ではありません。サイドドアパネルは向かって右側のみです。
  • ベンチレータが後部1か所のみです。
  • フロントパネルを跳ね上げるポールは付属していません。


Coleman タフドーム/2725

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05791.html

日本で最も有名なキャンプグッズメーカーColemanのファミリーテント。暑い夏を想定した多数のベンチレータと、電源コードの挿入口まで設けた日本を知り尽くしたモデル。十分な機能性にもかかわらず価格が抑えられているため、エントリーモデルとして手を伸ばしやすい一品です。室内にゆとりがほしい場合はタフワイドドームⅣ/300もおすすめです。

(出典:Coleman)

スペック

  • インナーサイズ:W270×D250×H170
  • 耐水圧:2,000mm
  • 収納サイズ:Φ22×75cm
  • 重量:8.5kg
  • 付属品:ハンマー
  • 定価:¥27,800(税別)

(出典:Coleman)

注意ポイント

  • 風が強い時はランタンハンガーにかけたランタンが結構揺れます。
  • フロントパネルを跳ね上げるポールは付属していません。


小川キャンパル ピスタ34

ピスタ 34
3~4人用シンプルドームテント。たてやすいクロスフレーム構造。設営と撤収がかんたん&スピーディーに行えます。(シンプル&ベーシック設計)

日本を代表するテントメーカー小川キャンパルのドーム型テント。フライシートにスカートがついているため、横殴りの雨からインナーテントを守ってくれます。2種類のポール3本しかないシンプル構造のため、簡単に設営できます。Colemanとsnow peakばかりのキャンプ場で、差別化したい方におすすめです。

(出典:小川キャンパル)

スペック

  • インナーサイズ:W220×D220×H135
  • 耐水圧:1,800mm
  • 収納サイズ:H22×D22×W62cm
  • 重量:5.9kg
  • 付属品:グランドシート、ハンマー
  • 定価:¥48,000(税別)

(出典:小川キャンパル)

注意ポイント

  • フロントパネルを跳ね上げるポールは付属していません。


mont-bell クロノスドーム4型

【モンベル】クロノスドーム 4型
ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。前面と背面...

山登りメーカーであるmont-bellのテントは、岩肌でのキャンプを想定しているため全高がかなり低く、強風を受け流す独特の形状をしています。前室と後室が準備されているため物置スペースはしっかりあるが、フロントパネルの跳ね上げが出来ないため、タープが必須です。

(出典:mont-bell)

スペック

  • インナーサイズ:W240×D210×H123
  • 耐水圧:2,000mm
  • 収納サイズ:Φ20×43cm(本体)、Φ7×53cm(ポールバッグ)
  • 重量:3.4kg
  • 付属品:ー
  • 定価:¥35,500(税別)

(出典:mont-bell)

注意ポイント

  • 全高がかなり低い。
  • フロントパネルが跳ね上がらないためタープが必須。
  • 通好みであるがために、子供受けしない可能性がある。


GeerTop Family Backpacking Alpine tent

https://www.geertop.com/product-page/geertop-4-person-family-backpacking-alpine-tent-with-a-erson-3-sliving-room

GeerTopの非常に信頼性の高いアルパインテント。広い前室は物置にも最適です。コンパクトで軽量な収納状態は登山用テントの特徴で、強い雨風にも耐えられます。インナー吊り下げ型テントのため、雨天でもインナーテントを濡らさずに脱着できるのもメリット。

(出典:GeerTop)

スペック

  • インナーサイズ:W240×D210×H140
  • 耐水圧:不明(アルパインなので優秀なはず)
  • 収納サイズ:H17×D17×W57cm
  • 重量:4.25kg
  • 付属品:ー
  • 定価:$310.00

(出典:GeerTop)

注意ポイント

  • 全高がかなり低い。

まとめ

今回家族向けのテントとして5つ紹介しましたが、特に小さなお子様がいる方には全高が高いアメニティドーム、タフドーム、ピスタをおすすめします。夜寝る時だけでなく昼寝や休憩などでもテントを使用する場合、全高が低いと多少なりともストレスになります。家族構成やキャンプベースに合わせて選びましょう!