YouTubeチャンネル新設しました!よろしければどうぞ! >>click
キャンプ録

【キャンプの記録】つぐ高原のソロサイトに初上陸!

キャンプ録

2020年9月21日。
流石に無理だと思っていた4連休に予約が取れた!!

近頃は連休といっても娘達の予定もあって、なかなか家族全員でのキャンプが難しくなってきました。今回のシルバーウィークも前半は下の娘に、後半は上の娘に予定があり、ファミキャンは随分前から諦めていました。

しかし仕事が忙しくなるにつれ溜まったストレスはキャンプで発散するしかないと、キャンプ好きな下の娘だけでも連れて親子キャンプに行こうと連休後半でのキャンプ場の空きを狙うことにしました・・・が、そんなに都合よくキャンセル空きが出ることもなく、断念しようとした・・・その時、遂に空きが出ました!!

ソロサイトが・・・(ん?

そんなキャンプの思い出を綴ります。

ソロに行ってきます!

娘の淋しそうな目・・・そんな後ろめたさを感じる事を覚悟して家族に報告をしてみた。

あっさり「どうぞ~!」のお返事が。

なんら背徳感とか特別感とか味わうこともなく、おひとりキャンプへと行けることになりました!

今回のキャンプ地はつぐ高原グリーンパーク。

星降る森のキャンプリゾート|つぐ高原グリーンパーク
標高900m「愛知の星空聖地」奥三河つぐ高原の山麓にある森と川のせせらぎ、星空に囲まれた奥三河最大規模の贅沢キャンプ場です。 名古屋・豊田などの都市部から最短90分という手軽な距離にありながら奥三河の大自然を思う存分に堪能することができます。次の休日は、ノイズに溢れた都市部を離れ、高原で思いっきり遊びませんか。

久しぶりなのでスマホナビをセットしてのドライブです。
途中狭い山道を走りますが、先導してくれる車がいたので大助かり!
迷うこともなく、40分も早く到着!

入場は14時からですが受け付けは1時間前から始まってるようで、既に並んでいる列の後ろにひとり淋しくつけると、「寒くて薪がすぐなくなるわ」と言いながら買い足しに来る連泊と思われるお父さん。

夜は冷えるんだろうと思ってはいたけど、「そんなに??」と若干ビビりながら受付を済ませ、14時まで車待機です。

つぐ高原のソロサイト

今回のサイトはソロ専用サイトです。
2020年から新たにオープンしたソロのみが集うことを許されたサイトです。
場所は早く入った人から好きな所どうぞスタイルで、今回は2番手に入れたのでエリアの角をゲット出来ました。と言っても8人が定員なので広さは十分です。

ソロエリアにはトイレとシンク2台、あとは消し炭入れがあるだけのシンプルな構成。
シャワーを浴びる場合はちょっと歩かないといけませんが、まあひとりキャンプは時間に余裕があるから苦ではないかな。

リゾートな感じではないけど、まわりが完全にソロの人ばかりでとっても居心地がいいサイトです。が、ひとつだけ気になることがあります・・・これはまた後で。

早速設営

車の位置に戸惑いましたが早速設営です。

今回は夜冷えるだろうと踏んで、前室が大きくとれるローベンスのグリーンキャッスルにしました。

ファミキャンサイズなのでソロには大きすぎますが、オートキャンプなので荷物を小さくする必要もないと気付き、悠々広々キャンプです。

荷物を並べたら早速おつまみ・・・と行きたいところですが、今回はやらなければならないことがあるんです。

あまりに集中して写真はないんですが・・・

じゃじゃ~ん!

お決まりのウィンナーではなくて、ハンドルカバーの方です。

いつもはレザーグローブ使ってるんですが、どうも断熱効果が怪しく、ちんちんにフライパンを熱すると10秒程しか持てなかったんですよね。
なのでちょっこらハンドルカバーを作っちゃおうという事で、ソロの時間を使って仕上げました!

我ながらいい出来です!
ハンドルカバーとレザーグローブの合わせ技で断熱をと思っていたんですが、ハンドルカバーだけで十分断熱してくれるので、レザーグローブがいらなくなってしまいました(^ ^;

ハンドルカバーを見ながらの豊潤はサイコーです!

秋の夜は短い

どこかで子が泣き、そしてカラスが泣き・・・気付けば秋の虫の声が響き渡り始めました。

案の定冷えてきたので薄手のパーカーを羽織っての夜ご飯です。
計画通りつまみをたくさん食べたので、夜はさくっと鍋焼きうどんで〆ました。

アルコールもほど良くまわり、PM10:00・・・就寝です。

星明りで目覚める

AM4:30、お目覚めです。

寝る前は曇っていて見えなかった星たちも、夜明け前にはこぼれそうなほど散らばっていました。

目の前に流れる小川のせせらぎと、早起きした虫たちの小さな声が響く静かな朝。

音を立てないようにお湯を沸かし、コーヒーを一口。

ん~最高!

そう感じた矢先、静かな山間に重低音が響く。

そう、ソロサイトの目の前は道路なんです。

早朝からバイクやトラックが行き交い、静かな雰囲気が早々に壊れていく・・・個人的にとても残念な場所でした。

・・・でもきっとまた行きます!

記事内で紹介したもの

今回はいつもウィンナーを温めてくれるミニパンです。。
サイズ感と便利な蓋がセットついている優れもの!

お値段も良心的でイチオシです!

パール金属
ラクッキング 鉄製蓋付片手グリルパン20cm

Amazonでチェック楽天でチェック

ソロキャンのスタイルってすごく多様ですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
dan.kaz Camp
タイトルとURLをコピーしました