海外旅行

泊まって気付いたウォルドルフ・アパートメンツホテルの良い所・悪い所

海外旅行

中長期の旅行を楽しむ場合、予算の都合や現地の生活スタイルに触れる目的などで、一般的なホテルではなくアパートメントホテルを選ぶ人もいるかと思います。

私がワーホリでニュージーランドを訪れた時はフラットという共同生活ハウスを利用していましたが、2018年に家族で訪れた際はオークランド中心街に近いアパートメントホテルに宿泊しました。

今回はアパートメントホテルの特徴と、実際に宿泊したウォルドルフ スタジアム アパートメンツ ホテルの詳細をお伝えします!

アパートメントホテルとは

アパートメントホテルとは、日本で言うアパートとホテルがくっついたようなものです。ホテルのようにレセプションやハウスキーピングサービスなどがありながら、部屋の中にはキッチンや洗濯機などの生活道具が揃っています。

なので、ご飯を作ったり洗濯をしたりと現地でも”いつものような生活”をすることが出来ます。もちろん食材などは自分で調達する必要はありますが。

但しベッドメイキングやクリーニングなどのサービスは、それぞれのアパートメントホテルにより あったりなかったりしますので確認は必要です。

そう言えばグアムのアパートメントホテルではルームサービス系は一切なく、ランドリーも共通で都度お金が必要でした。
ホテルによって、又は例え同じホテルでも、プランによってはサービスが異なることもあるので注意です。

ウォルドルフ スタジアム アパートメンツ ホテルの紹介

英語表記だとWaldorf Stadium Apartments Hotel。

その名の通り、オークランド市街にあるウォルドルフ スタジアム(Waldorf Stadium)の傍にあるアパートメントホテルです。

立地はすこぶる良く、ダウンタウンへもパーネルへも徒歩数分で行け、ニューマーケットまでも歩いていけます。

  • アルバートパーク(Albert Park)まで:約10分
  • スカイタワー(Sky Tower)まで:約15分
  • ブリトマート駅(Britomart)まで:約10分
  • スーパー カウントダウン(countdown)まで:約2分
  • パーネル(Parnell)入口まで:約10分

特に食料や日用品が揃うスーパーcountdownが目と鼻の先にあるので、買い出しに時間を取られず、その分観光に時間を当てることが出来ます。

駐車場もすぐそばにあり、ハイウェイ入口も近いため、車移動者にも便利な立地です!

部屋情報

我が家4人で宿泊した部屋は、2ベッドルームの標準アパートメントタイプ。

  • Category:Standard 2 Bedroom Apartment

因みにルームNo.は602でした。

オートロックの扉をあけると、かなり広いダイニングキッチンがあります。床はキッチン周りとレストルームがタイル張りで、ダイニングやベッドルームは絨毯になっています。

ダイニングキッチン

扉を開けるとまず正面にダイニングテーブルと椅子のセット、そして十分なスペースがあります。

レイアウトがイマイチで、なぜかテーブルが端に寄せられ椅子4脚の内1脚が寝室に置いてあったので速攻レイアウト変更です。

左側にはキッチンがあります。

さすがに広くはないですが、器具類は期待以上の充実度です!備品含めて後で紹介しますね。

奥はくつろぎスペース

ソファーが一式とテーブル、そしてラックとテレビが備え付けられています。ラックも物置として使えるため、滞在中のPCやカメラ置場として使えました。

その奥にはベランダもあります。

椅子2脚に机が置いてあります。景色は特に良いものではありませんが、気分転換に使えるスペースですね。

ベッドルーム

ベッドルームは2つ。

主寝室はダブルベッド(クイーンサイズくらいかな?)にサイドテーブルとライト付き。更に壁掛けのテレビまで付いていました。大きな収納棚も付いているので、服に加えてスーツケースも収納できます。

もうひとつの寝室には同じサイズのベッドと収納棚が設置されています。あとパイプベッドも置いてありました。これは早々に棚の横に収納です。

因みに主寝室を使用したのは子供達です。

レストルーム

キッチンの反対側には広いレストルームがありました。

奥にトイレとシャワールーム、手前に洗面台です。シャワールームには全身用洗剤が備え付けられていますが、泡立ち、ケア、共に期待できないので、近くのスーパーでパンテーンを調達です。

水圧は良好です!

洗面台に備え付けられた泡ハンドソープは重宝しました。

更にその手前には洗濯機と乾燥機があり、粉の洗濯洗剤も準備されています。日本だと粉の残りが心配でいつも液体洗剤を使ってましたが、ウォルドルフの洗濯機は温水洗濯してくれるので、粉洗剤でばりばり洗濯です。

因みに洗濯物を干すところはありませんので、洗濯物は乾燥機で乾燥させることになります。

かなり強力でからっからに乾きますので、デリケートな衣類は避けた方が良いでしょう。

その他の備品

その他、生活に必要なコンセントは各部屋に2ヶ所以上準備されています。因みに200V-O型なので変換アダプタなどが必要です。

またwi-fiも飛んでいます。但しwi-fiの利用プランはいくつかあるようで、我が家の場合は宿泊中無料のプランでしたので、チェックインの際に受け取ったパスコードを入力すれば使い放題でした。因みにwi-fiの接続状況はとても褒められたものではありませんので、滞在中にバリバリ使いたい方は別途準備しておく方が良いでしょう。

キッチン道具

アパートメントホテルを選ぶにあたって最重要ともいえるポイントがキッチン周りですよね。

キッチン周りは・・・充実の一言です!

  • シンク
  • 収納棚いっぱい
  • コンロ2口
  • 食洗器
  • オーブン
  • 冷凍庫付き冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • ポット
  • トースター

他にもフライパンなどの調理道具やお皿、カトラリーなど、一般的な食事をするのに不足しているものはありませんでした。説明する程でもないと思いますので、取敢えず写真を載せておきます!

食洗器用の洗剤からコーヒー、紅茶、砂糖、塩、胡椒の小袋がいくつか用意されていました。食洗器は使っていないので定かではありませんが、それ以外のものはハウスキーピング時に補充してくれます。

清潔感

全体評価としては上々です!

これまで載せてきた写真はほぼ初めてホテルに入った時に撮ったものなので、見た目の清潔さはおわかりいただけるかと思います。

その中で気になったところは2点。

  • 初めて部屋に入った時、芳香剤か何かの強い香りがありました。
    →1時間程換気すればきれいに取れました。
  • ベッドルームにおいてあるブランケットが臭かった。
    →スタッフに言えば替えてくれると思いますが、夏だったの使いませんでした。

当たり外れの話もあると思いますが、基本的にスタッフに伝えれば対処してくれると思いますので、心配する程の事ではないです!

ハウスキーピングは不定期です。事前に見た口コミでは1週間に1度なんて書き込みもあったので、年末年始に掛かるこの時期には期待していなかったんですが、12日間(宿泊している期間としては10日間)の内2回ハウスキーピングが入りました。さすがにクリスマスと年末年始にはハウスキーピングお休みの案内文が届きましたが。

ハウスキーピングが入ると清掃とベッドメイキングの他、タオル類の入れ替えと備品の補充がされます。まぁ入ったらラッキーと言う感じで、貴重品だけしっかり管理して過ごしているのが良いんじゃないかと思います。

スタッフの対応

悪くはありません。

ただ私の英語力が乏しいこともひとつの原因かもしれませんが、揃って愛想がないように感じました。これは日本人特有の”期待”からくる感情かもしれませんが。

でも良かった点もいくつかあります。

ひとつはアーリーチェックインが無料で出来たこと。予約表にチェックイン時間が書いてなかったので、実は既にチェックイン時間を過ぎていただけかもしれませんがね!

もうひとつは素早い対応。宿泊中に一度ブレーカーが落ちることがありました。原因はトースターが壊れたからですが、トースターが壊れた事実に気付いたら、特に使い方などを問われることもなくすぐに新しいものを持ってきてくれました。これから食べるぞ!というタイミングだったので、とても助かりました!

あとは愛想だけ良ければいいのに・・・(笑

駐車場

駐車場はホテル裏口から徒歩30歩くらいのところにある立体駐車場です。

チェックイン時はパーキングゲートでチケットを受け取り、それをフロントに持っていってカードキーと交換してもらいます。この時保証としてクレジットカード情報の登録が必要です。

カードキーは駐車場裏口のドアロックを解錠するキーと、駐車場の利用キーになります。

駐車場は$30/日の料金が掛かります。最終日のチェックアウトの際に精算を行い、清算後、車を駐車場から出す時にゲート横にあるカードキー回収箱に返却します。

確か、返却し忘れると$200徴収されるので注意です!!

まとめ

アパートメントホテルを利用する旅行スタイルの場合、備品の充実度と立地はとても重要ですよね?ウォルドルフ スタジアム アパートメンツ ホテルは立地と施設充実度において期待以上のホテルです。生活必需品は全て揃っており、更に買い出しや観光、手軽に行ける散策場所へのアクセス性も非常に良いです。価格バランスも良く、中長期滞在する方にとってはこの上ないような物件でしょう!

宿泊費が気になったら、まずはトリバゴで検索!

※検索ワードは「ウォルドーフ スタジアム アパートメンツ ホテル」です!

タイトルとURLをコピーしました