海外旅行

日本の電化製品はニュージーランドで使える?

海外旅行

今回は日本の電化製品をニュージーランドで使用する方法についてです。

日本は100Vという世界的に珍しい電源事情ですが、ニュージーランドは230~240Vと日本よりも高い電源電圧になっています。更にコンセントの形状も異なるため、日本の電化製品を持っていってもそのままでは使用することが出来ません。。。と言ってもそれ程大変ではありません。

ではどしたら使えるのでしょう?

ニュージーランドの電源事情

ニュージーランドの一般家庭の電源は230~240V、50Hzになります。ホテルやフラットなども同様です。日本は100V、50/60Hzですね。

コンセントはO型と呼ばれる形状で日本とは異なります。因みに日本のコンセントはA型になります。

(ニュージーランドのO型コンセント)

更にニュージーランドのコンセントには日本のコンセントにはない特徴があります。それは電源スイッチです。上の写真にも写っていますが、コンセントひとつひとつにスイッチが付いています。これはニュージーランドの電圧が200V以上という高圧のため、抜き差しで感電しないようにするためです。

日本のコンセントで感電すると、ビリッというかドクンと言うような感覚がする程度ですが、200V以上のコンセントで感電すると死に至る可能性があります。
今回は撮影のため右側のコンセントのスイッチをONにしていますが、電源を抜き差しする場合は必ずスイッチをOFFにした状態で行いましょう。

因みにコンセントのハの字の部分が電源供給口で、下の部分はアースになります。

日本の電化製品を使うには

本題の日本の電化製品を使う方法についてです。

ニュージーランドと日本の電源の違いは、”電圧”と”コンセントの形状”ですが、多くの日本の電化製品は100V~240Vの電源に対応しているため、電圧の変換(変圧)が必要になる機器は少ないです。

例えばiPhoneやiPadの電源アダプタを見てみると、100-240Vに対応していることが表記されています。

その他、ノートPCやカメラ、GoProなども240Vまで対応していますので、これらは変圧することなく使用することが出来ます。

我が家の場合は子供のDSだけ240Vに対応していませんでした。
稀に非対応の製品があるようなので、持っていく前に必ず確認しましょう!

O型コンセントに挿すには

240Vまで対応している機器をニュージーランドで使用するには、あとはコンセントの形状を合わせるだけです。(A型→O型)

そのためのアイテムが変換プラグです!(変圧機能は含んでいません。)

240Vに対応している機器であれば、プラグとコンセントの間に取り付けるのみで電化製品の使用や充電を行うことが出来ます。

因みに100均でも購入できます。大型連休前には品切れすることがあるため、旅行が決まったら早めに揃えておくことをおすすめします!

電化製品やバッテリー類には飛行機内への持ち込み制限があります。多くの機器を持ち込む場合は制限内容も確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました