インスタ映え必至!海・川・ダイビングにはドームポートを活用しよう!

夏と言えば海や川ですね!そして海や川でもInstagramへのアップは欠かせません。でも、きれいな海や景色、水着の写真などは撮り飽きてはいないですか?そんなあなたにおすすめするのがインスタ映えすること間違いなしの、半分水中・半分水上の写真です。いち早くドームポートを活用して、珍しい構図の写真をどんどんアップしてみましょう!

Instagram映えする半分水中・半分水上写真とは?

goproさん(@gopro)がシェアした投稿

水中と水上の2つの情景を1枚の画に収めたおもしろい写真が、半分水中・半分水上の写真です。ダイビングやシュノーケリングなどで海上をプカプカ浮いている時や、サンゴ礁とアイランドを一緒に撮影する時など、通常同時に見れない世界が一度に映るのでインスタ映えすること間違いなしです!

半分水中・半分水上写真はどうやって撮るの?

水面の先を写すことが出来ない理由

まず海や川での撮影において、水上から水中を、又は水中から水上をきれいに写すことは出来ません。カメラと被写体の間に水面があると、光は水面の影響を大きく受けるからです。

例えば水上から人や船、・・・泳いでいるカメを撮影すると、水面より上の部分はきれいに映りますが、水中の部分は映らなかったり揺らいだりします。

反対に水中からきれいな海の中を撮影した場合は、ほとんど水上の景色を捉えることは出来ません。

これは水(海水)と空気の層とで屈折率が異なることが原因で起こります。屈折率が違うことで、光がその境界(水面)を通過する際にある角度で曲げられ、被写体から真直ぐカメラに届かないために、水上と水面で像に差が出来てしまいます。これに加え水面が揺らぐことで一層像はいびつになり、時には水面がカメラ側の光を鏡のように反射することで、水面を挟んだ反対側の像をくっきり捉えることが出来ないのです。

大変分かり難い説明ですが、要は人がそこに水があることが目で見てわかるように、カメラもそこに水があるように像を捉えます。水面が揺れれば揺れを捉えてしまい、その先にあるものが写ったとしても揺れ、水上と水中をきれいに捉えることは出来ないのです。

ただし、これが全てにおいて悪という訳ではありません。

水面をきれいに写しだすことで、水と水面の存在を明確にし、その中の情景のみをクローズアップすることが出来ます。

でも今回おすすめする写真は半分水中・半分水上の写真です!

カメラだけではきれいに撮れない理由

カメラを水中に入れ、水面が丁度レンズにかかるタイミングでシャッターを切れば、半分水中・半分水上の写真を撮ることは出来ますが、それだけではあまりきれいな写真にはなりません。それは表面張力によりレンズにまとわりつく水の膜がレンズと一体化し、歪なレンズを通ったように光を歪ませ、水面付近で大きく像をゆがませてしまうからです。

上の写真は水中の像はきれいに捉えられていますが、水上は大きく揺らいでいます。また、水面に人物の写像が写り込んでいます。

こちらの写真では水上はきれいに映っていますが、水中は大きくぼやけピントも合っていません。

このように、カメラのみだと小さなレンズの目の前に水面がくるため、水面を画の中心に持ってくることが困難であると同時に、十分な視野が確保される前に水の膜ができることで、像が歪んだりピントを合わせられなかったりと、水面とその先の情景をきれいに写しだすことが出来ないのです。

どうすればきれいな写真が撮れるの?

水中と水上の両方をきれいに捉えるには、両方の被写体に対して十分な視野を確保することが必要です。

突然ですが、水族館で写真を撮ったことはありますか?

この写真は見てわかるようにペンギンが泳いでいるところですが、水中と水上の両方の像をくっきりと写し出しています。これはカメラのレンズの目の前に水があるのではなく、視野が十分確保される距離に水面の境界が出来るよう、水槽が水を遮っているからです。水槽があることで、レンズ面に水がつかず大きく像を歪ませることもなくなります。

この状況を作ってあげれば半分水中・半分水上のきれいな写真を撮ることが出来るのです。

そこで簡単にそんな状況をつくり出せるアイテムが今回紹介するドームポートです!

半分水中・半分水上写真を撮るためのアイテム『ドームポート』

ドームポートは球体のドームがレンズに十分な視野を与えることで、水中と水上の両方の被写体にピントを合わせる手助けをするアイテムです。水槽を持ち歩くよりは断然扱い易く、印象も良い事でしょう!

今回紹介するのはGoProを取り付けることが出来るドームポートです。気になる方は販売サイトを覗いてみてください!

TELESIN GoPro HERO5用ドームポート


半分水中・半分水上写真がマンネリ化する前に、ドームポート撮影を先取りしちゃいましょう!!