GoProKarma再販に向けてドローン規制法を確認しておこう!

GoPro製ドローンKarmaの再販が決まり、発売開始を今か今かと待ちわびている方も多いのではないでしょうか!?KarmaはHERO5 Blackとのセット販売も予告しており、一気に最新のGoPro機器をお手頃に揃えられるチャンスでもあります!

Karmaセットを手にすれば陸海空と全てを制覇したも同然です。が、度重なるドローン事故により日本にはドローン規制なるものが存在します。

日本で安全に楽しくKarmaを飛ばすために、今のうちにドローン規制法を確認しておきましょう!

ドローン規制法とは

ドローン規制法とは、国土交通省や地方公共団体が定める小型無人航空機の飛行ルールの事です。

ドローンが世に出始めたばかりの頃は自由にドローンを飛ばすことが出来ましたが、2015年12月に航空法が改正されたことで、ドローンの飛行禁止エリアや飛行ルールなどが法律により定められることになりました。

ドローン規制法の対象となる機体

一般的にドローンと呼ばれるもの以外でも、ラジコンヘリなどの遠隔操作や自動操縦可能な無人航空機もその対象となります。

但し、バッテリ等含めて200g未満の機体は規制対象外となります。

Karmaは本体のみで既に1,006gありますので、ドローン規制法の対象となります。

ドローンの飛行ルールなど

国土交通省による禁止エリアの指定範囲

  1. 空港等の周辺の空域
  2. 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  3. 平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

(出典:国土交通省HP)

1及び3で設定されている飛行禁止エリアはこちら(地理院地図)から確認できます。

国土交通省によるドローンの飛行ルール

  1. 日中(日出から日没までの間)に飛行させること
  2. 目視可能範囲内でドローン及びその周囲を監視しながら飛行させること
  3. 人(第三者)または建物や自動車などの物件との間に、常時30m以上の距離を保って飛行させること
  4. 祭りなどの人が集まる場所の上空では飛行させないこと
  5. 爆発物などの危険物を輸送しないこと
  6. ドローンから物を投下しないこと

その他ガイドラインなども国土交通省のHPに載っていますので、ドローンを飛ばす前に一度は読んでおきましょう!

その他地方公共団体による飛行ルール

ドローンの飛行禁止エリアや飛行ルールは、国土交通省による改正航空法だけではありません。警察庁や自治体などでも飛行禁止エリアや飛行ルールが個別で設定されています。

ドローンを初めて使用するエリアでは、事前に禁止エリアや飛行ルールを確認するようにしましょう!

簡単にまとめると・・・

簡単にまとめると、「高いところは飛行往来エリアのため飛ばしちゃダメ!」「重要施設や人が多い地域では飛ばしちゃダメ!」ということになります。

ではどこなら飛ばしても良いのでしょう?

エリアで言うと海、山、川、ふるさとなどの自然が多く残る地域となります。市街地に住んでいる方は手軽に撮影とはいかないかもしれませんが、自然の中で撮影することを考えると意外と飛行可能なエリアは残っています。

飛行許可申請

どうしても飛行禁止エリアや飛行ルールに逸脱した条件での撮影がしたい場合、国土交通省並びに警察庁や自治体に対して飛行許可申請を行うことが出来ます。申請は各担当区からの申請になりますのでそれぞれのHPを確認しましょう。

申請後に承認がとれるまではその飛行計画を実行することは出来ませんので、申請が必要な場合は時間にゆとりを持って申請をしましょう。

罰則について

ドローン規制法と呼ばれる各ルールを破り飛行させた場合、各規制に対して罰則が定められています。

国土交通省の航空法を犯した場合、50万円以下の罰金が科せられます。

警察庁の小型無人機等飛行禁止法を犯した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

ドローンの規制がこれ以上厳しくならないためにも、特に飛ばしている側がルールやマナーをしっかり守り、誰もが安全に楽しくその時を体験できるよう心掛けたいものです。