公開した記事をすぐにGoogleにインデックスしてもらう方法

トレンド系記事にかかわらず、折角書いた記事は早く世の人に届いてほしいですよね。特に出来立てのサイトではまだ閲覧者も少なく、他サイトからの被リンクはなかなか期待できません。そんな状態でただひたすらにGoogleのクロールを待ち続けていても、いつインデックスされるかなんてわかったもんじゃありません。

この記事では、公開したての記事でもすぐにGoogleにインデックスしてもらう方法を紹介します。

Googleにインデックスをリクエストしよう!

記事がブラウザの検索画面に表示されるためには、Googleの検索エンジンがその記事の存在を認識する必要があります。(これを「インデックスする/される」と言います。)

そのために、Googleではクローラーと呼ばれるロボットプログラムがweb上を常に巡回(クロール)し、検索エンジンに記事の登録をし続けています。

しかしこのクローラーにも限界があり、世界中で増えたり減ったりする大量のwebページの中で、タイムリーに全ての記事を認識しインデックスすることは出来ません。

そのため、新たに記事を書き公開したとしても、クローラーのタイミングによっては何日経ってもインデックスされないということはよくあります。

そんな時、記事を投稿している側からGoogleに対してアクションをとる方法があります。それがSearch ConsoleのFetch as Googleという機能です。

Fetch as Googleを使ってみる

Fetch as Googleとはクローラーに記事の投稿を報告し、強制的にクロールを呼び込む機能です。この機能を利用すると、ほとんどのリクエストに対してものの数分でインデックスされます。

では実際に使ってみましょう!

Search Consoleを開いて、クロール内のFetch as Googleを開きます。

クロールをリクエストする記事のURLを入力し、「取得」をクリックします。

少し待ち、下段に入力した記事のURLがリストアップされ、ステータスが「完了」に変わったら、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

クリックすると送信方法の選択ダイアログが表示されますので、ロボットでない証明を行い、「このURLのみクロールする」にチェックを入れ、「送信」をクリックします。

ステータスが「完了」に変わり、その右側が「インデックス登録をリクエスト済み」に変わったらリクエストは完了です。

数分待てばインデックスされることでしょう。

インデックスされたかどうかを確認する

Googleにインデックスされたかどうかは、Googleのホームページから確認できます。

検索窓に「site:記事URL」を入力してEnterキーをクリックすることで、インデックスされたかどうかを確認することができます。

記事には鮮度が重要ですので、インデックスが遅い場合には是非お試しを!