メルペイポイントを現金に!ポイントが残高に戻った事例を紹介

フリマアプリの先駆者と言えばメルカリ。私も1年程前にメルカリに登録してちょこちょこ使わなくなったものを売ってきましたが、いつかのタイミングで売上金を利用して直接購入することが出来なくなりましたよね。

売上金を持っていても購入するためには一度メルペイポイント(旧メルカリポイント)に交換しなければならない・・・薄々は気付いてましたが、ここには大きな罠があります。

売上金はメルカリで出品したものが売れた時にもらえる電子通貨で、振込申請を行えば現金に換えることが出来るものです。対してメルペイポイントは現金化することが出来ず、メルカリのサービス内でのみ使用できる独自通貨なので、売上金をポイントに変えるということは使い先がメルカリ内に限定されてしまうんです。

メルカリ信者であれば何の問題もない事ですが、もっぱら不用品を売るためだけにメルカリを利用している方には死活問題です。

かく言う私はと言うと、ほぼ売るだけで、ごくまれに購入するようなユーザーです。そんな私が今回罠にはまってしまい、でも泣き寝入りせずに戦い勝ち取った軌跡を紹介したいと思います。

(アイキャッチ画像出典:mercari)

メルカリトラップ

メルカリトラップと言う名の売上金→ポイントの流れは、実際どんな時に問題となるのでしょうか?私の経験では次の2つです。

ひとつめは購入しようとしたら売れちゃったパターンです。人気のアイテムは出品後すぐに売れることはよくあり、購入時にどきどきすることはよくあるんじゃないでしょうか?

ふたつめのパターンは、売上金→メルペイポイント→購入まではスムーズに行ったけれど、実際に届いた品が期待外れのため返品した場合です。返品した場合、使用したメルペイポイントは返却されますが、元が売上金だったにもかかわらずポイントで購入したからポイントで返却と言う、正に罠です。私が掛かってしまったのはこちらのパターンでした。

ポイントを売上金に戻してもらうには

理由はどうあれポイントを売上金に変えたいという質問は多いようで、検索すればたくさんヒットします。いずれも現金や売上金に変えることは出来ないという回答ばかりですが、どうも腑に落ちないのでメルカリ運営にひとまず問い合わせてみることにしました。

私:「商品購入のために売上金をポイントへ変換しましたが、商品に不備があり取引がキャンセルされたため、ポイントを売上金に戻して頂けないでしょうか?」

メルカリからの回答はこうでした。

メルカリ:「規約に書いてある通り、お戻しできません。」

思っていた通りの回答でしたが、取敢えず取引相手さんのキャンセル処理が遅かったので、ポイントのことには触れずにキャンセル処理のフォローの依頼をメルカリにしてみたところ・・・

メルカリ:「原則ダメだけど、どうしてもの場合は理由と払い戻し希望額を連絡して下さい。」

ん?これってつまりは理由があれば戻せるってことでは・・・ということで、理由とポイント額を添えて再度依頼してみました。

続いてメルカリからの回答。

ネットの噂とは相反して、ポイントはしっかり売上金(残高)へ戻して頂けました。

因みにポイントへの交換・支払いということでは不便を感じてはいますが、今回のメルカリの対応には全く不便も不満もございません。

メルカリでの支払いには注意が必要

今回はこちらのお願いを汲み取ってくれたメルカリですが、先に紹介した”ポイントに交換したけど買いたかった品が売り切れてしまったパターン”の場合は、その行為の証明をすることが困難なため、ポイントを戻してくれる可能性は低いでしょう。(個人的な意見です。)

そう考えると、例え売上金があったとしてもそれはそれで現金化し、支払いはクレジットカードやコンビニなどを利用することで、わざわざリスクのあるポイントを持つという行為を避ける方が良いでしょう。

メルペイを利用しない方は特に使い道が限定されるため、ポイントへの変換は慎重に行いましょう!